★大阪が加藤のハットトリックなどで9発圧勝の16連勝!! 保田監督退席の浜松は3連敗…《浜松vs大阪》

▽3日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第23節の浜松vs大阪が浜松アリーナで行われ、9-2で大阪が勝利した。

▽3連敗中の11位・浜松(勝ち点15)が、目下15連勝中と首位を快走する大阪(勝ち点55)をホームに迎えた。第3クール最初の試合は、序盤から大阪が攻勢に出ると自慢の攻撃陣が早速牙をむく。

▽3分に加藤が右サイドからカットインしてシュートをねじ込むと、6分にはチアゴが反転シュートを蹴り込んだ。一方の浜松は18分に松浦がカウンターから1点を返すも、大阪は9分にチアゴ、18分に加藤がゴールを奪い、前半は4-1とリードした。

▽後半の序盤こそゴールが生まれず停滞するも、28分にループシュートを沈めた加藤がハットトリックを達成。さらに30分には田村が無人のゴールに流し込んで6-1と点差を広げた。

▽浜松は31分、またもカウンターから山蔦、山本と繋ぎ、最後は松浦が逆サイドに詰めてネットを揺らす。すると直後に、ファウルを巡って保田監督が退席処分となり、浜松の追い上げムードに水を差してしまう。

▽終盤には浜松がパワープレーを仕掛けるが、34分にヴィニシウスが立て続けに2本のパワープレー返しを決める。さらに39分にはGK岩崎が攻め上がったところでボールを奪うと、佐藤がネットを揺らして試合は終了。大阪が加藤のハットトリックなどで9発快勝し、リーグ戦16連勝とした。


Fリーグモバイル http://sp.f-lg.jp/news/list