1:2016/11/24(木) 18:57:42.98 ID:
強いチームには立ち返る場所がある。

 1年でのJ2復帰を至上命題とし、かつてJ1でタイトルを手にした大分がJ3でチームの再建に取り組んだ。率いるのは今季から指揮を執る片野坂知宏監督。クラブは「走り切る」「球際で身体を張る」「攻守の切り替えを速くする」というサッカーでは当たり前のことを徹底することを掲げ、これを実現できる指揮官として片野坂監督を招聘したのだ。新監督はクラブの求めるコンセプトを浸透させ、マイボールを大事にして、しっかりポゼッションするサッカーも着々と植え付けた。
 
 迎えたJ3での再スタートは、開幕3連勝するものの、その後は勝ったり負けたりを繰り返す。J3では格上となる大分に対し、対戦相手は一泡吹かせてやろうと戦略を練って来る。序盤戦はそうした相手をはね返す力はなく、1年でJ2に復帰できるような空気は感じられなかったというのが正直なところだった。
 
「結果が出ていない事実を受け止め、修正しなければいけない。パスの出し手と受け手だけでなく、3人目の動きも含めたコンビネーションを高めないと」と厳しい表情で松本昌也が語れば、今季から加入したキャプテンの山岸智は「勝ちたい気持ちが焦りにつながっているのかも」と頭を抱えた。悪い流れを一掃しようと個々は奮闘するものの、肝心なところでミスが出る。徐々に得点が奪えなくなり、守備も我慢できず失点を許す悪循環を繰り返した。
 
「大切なのは、上手くいっている時は自然と良い流れが生まれてくるものだけど、試合中やシーズン中に流れが悪くなる時は絶対にある。その時に、立ち返る場所があるかどうか。強いチームにはそれがある。僕はその場所をしっかり築いていきたい」
 
 思うように結果が出ないと次々に選手を入れ替えたり、システムやチーム戦術を変えて、逆に墓穴を掘るといった例が少なくない。だが、コーチ時代に広島やG大阪で数々のタイトルを手にした経験を持つ指揮官は、辛抱強かった。
 
 波に乗れない序盤戦を乗り越え、6月の声を聞くころにはチーム状態は上向き、着実に勝点を積み重ねていくようになった。
 
「いくつかの要因があるが、僕がチームのこと、選手のことを理解しはじめた、逆に選手たちも僕がどういう監督で、どういう指導法、ゲームプランで戦うのか理解したんでしょうね。毎日の練習の積み重ねで、一人ひとりが自分の役割を理解し、状況に応じた判断と質が向上していった」(片野坂監督)
 
 パスワークとカウンター、速攻と遅攻を上手く使い分けられるようになったのは大きかった。相手がパスをつなげば前線からプレッシャーを懸け、ロングボールを多用してくれば中盤の枚数を厚くしてセカンドボールを拾う。試合の状況に応じた判断が、対戦相手より上回るようになった。

「徹底的に守備を強化したわけでもない。一番求めたのはポジショニング」

 ターニングポイントとなったのは、19節・栃木戦の天王山だった。強固な守備網を築く首位を相手に決定機は作ったがゴールが遠かった。アディショナルタイムに失点し、痛恨の黒星を喫す。残り11試合で勝点差が9に広がる危機的状況に直面し、「リスクを負って攻撃するチームが多かったので、攻撃で上回るより粘り強い守備で勝点を積み重ねることを考えた」と片野坂監督。守備面の建て直しを図った。
 
「僕のなかでは特に守備を徹底的に強化したわけでもない。ただ、一番求めているのはポジショニング。そこは意識させました」
 
 相手の攻撃を受ける際に、誰がどこにいるか分からないような陣形ではなく、ボランチはボランチ。CBはCBのいるべきところにしっかり戻ること。ポジションが間違っていると無駄な体力を使わなくてはいけない。そこを軽減すれば、攻撃にも良い影響が出てくる。守備のための守備ではなく、いかに良い形で攻撃につなげられるかを意識させた。
 
 8月のリーグ中断期間と重なったことも幸いし、戦術を徹底できた。復調のキーパーソンの出現もあった。最後尾から的確なコーチングと徹底したリスク管理で守備陣を束ねたGK修行智仁。小柄だが無尽蔵のスタミナとボール奪取力に長けたボランチの姫野宥弥が攻守に渡る献身的な働きで、新たな戦術を具現化した。もちろん修行と姫野のふたりでチームを牽引したわけではないが、「やることが明確になった」(片野坂監督)のは事実だ。
 
 興味深いデータがある。開幕から19節まで大分の失点は18だった。つまり1試合平均で約1失点。修行、姫野が入った20節から最終節までの11試合での失点は6。1試合平均の失点がそれまでのほぼ半分となっている。

 
2:2016/11/24(木) 18:58:04.04 ID:
 
 基本的にブロックを作り、前から奪える状況なら前線の選手がスイッチを入れてボールを追いかける。そこに中盤の姫野らが連動して、最終ラインの押し上げを促しコンパクトな陣形を保つ。これが結論と言える形になり、後半戦の堅守の礎となった。
 
「シュウさん(修行)とヒメ(姫野)が入ってから、チームに守備の意識が芽生えた。守備が安定して1点取れば勝てるという気持ちの面で余裕も生まれた。試合をしていてもそれはすごく感じた」(八反田)
 
 終盤戦に向けて、格好のサンプルとなったのが27節の秋田戦だ。前半に先制するが退場者を出し、後半はひとり少ない状況で試合を進めた。「残ったメンバーは粘り強く、我慢強く戦い、勝点3をもぎ取った。勝点3を取りたいという気持ちが最後まで続いたことが結果につながった」。このマインドが最終節までの5連勝を生み、逆転優勝を実現させたのだ。

J2昇格後を見据えて若手を成長させ、チーム力アップに取り組んだ一年。

 今季は結果とともに「育成」にも力を入れた。J2に昇格した後も見据え、大卒やアカデミー出身選手を成長させ、チーム力のアップに取り組んだ。「彼らが成長できるための編成」と西山強化育成部長。即戦力の獲得は最小限に留め、既存の選手を起用して戦力アップを図った。
 
 その最たる例が1年目の岩田智輝。開幕戦から右SBで出場すると、右肩上がりで成長曲線を描き、先発に定着した。5年目のFW後藤はチーム得点王となりブレイクし、4年目の松本昌は背番号10に恥じない活躍でチームの顔となった。大卒2年目の鈴木、福森のCBコンビは安定したプレーでチームに欠かせない存在となった。
 
「経験のある選手たちが若手を支え、監督が我慢強く起用したことでチーム力の底上げができた」(西山強化育成部長)

 1年でのJ2復帰を達成し、その先のJ1昇格へ――。まだまだ先は長い。が、還るべき場所に向かって大分は加速する。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161124-00020828-sdigestw-socc&p=3
 
3:2016/11/24(木) 18:58:41.22 ID:
 
片野坂知宏
2007 G大阪コーチ ナビスコ杯優勝、ゼロックス杯優勝
2008 G大阪コーチ 天皇杯優勝、ACL優勝
2009 G大阪コーチ 天皇杯優勝
2010 広島コーチ
2011 広島コーチ
2012 広島コーチ J1優勝
2013 広島コーチ J1優勝、ゼロックス杯優勝
2014 G大阪ヘッドコーチ J1優勝、天皇杯優勝、ナビスコ杯優勝
2015 G大阪ヘッドコーチ ゼロックス杯優勝、天皇杯優勝
2016 大分トリニータ監督 J3優勝 ←New!
4:2016/11/24(木) 18:59:19.98 ID:
来シーズンには清武が帰ってくるそうだ という夢を見た。
 
5:2016/11/24(木) 19:02:29.55 ID:
でも片野坂はクビなんだろーな
 
6:2016/11/24(木) 19:19:43.10 ID:
>>5
なんでやw
 
8:2016/11/24(木) 19:40:55.47 ID:
>>5
残念、契約更新済み
 
7:2016/11/24(木) 19:32:23.17 ID:
j3なんて余裕だから若手育てながら昇格してやったよってことね
 
9:2016/11/24(木) 19:44:43.23 ID:
( ´ⅴ`)ノ<鹿児島ユナイテッドは男前田を監督にしろよ。
 
11:2016/11/24(木) 20:34:42.06 ID:
良かったなおおわけていこく
 
12:2016/11/24(木) 20:40:46.21 ID:
柳本っていま何してるん?
 
13:2016/11/24(木) 21:20:19.29 ID:
>>12
サンフレで片野坂、森山ゴリとかとディフェンスラインだった柳本?
大阪でサッカースクール経営
嫁の岡本あつこがたまにテレビ出て取り上げられてる結婚式に嫁がサプライズゲストでバクスター呼んで柳本大号泣いう記事を昔みた
 
14:2016/11/24(木) 22:03:10.32 ID:
新たな沼
 
15:2016/11/24(木) 22:09:10.52 ID:
コーチでは実績あるけど監督にしてみたら、あらら?ってのが多い中
この人は結果出したな。残留させて大分に義理を果たしたら再度J1から
声がかかるんじゃないの