1: :2018/11/08(木) 07:40:50.86 ID:
明治安田生命J1リーグ第31節が10月31日から11月4日までに行われた。川崎フロンターレが盤石の戦いで勝ち点3を伸ばすなか、サンフレッチェ広島は足踏みが続いている。リーグ王者が間も無く決まる。

●川崎Fが連覇に王手

 川崎フロンターレが、リーグ連覇に大手をかけた。第31節ではホームで柏レイソルと対戦。前半21分に先制すると、33分にはセットプレーから谷口彰悟が頭で決めてリードを広げる。そして後半終了間際にダメ押しゴールをゲット。タイトルレースのプレッシャーも感じさせず、クオリティの高いサッカーで勝ち点3を積み上げた。

 柏はこの日に向けて3バックでの戦いを準備してきたが、川崎Fは動じない。サイドバックを中に絞らせ、サイドハーフが外に張るなどして、相手に優位な状況を作らせない。前からプレスに来るわけでも、後ろでブロックを作るわけでもない柏に対し、川崎Fは余裕を持ってボールを動かしてチャンスをうかがった。そして21分、左サイドのスペースに守田英正が走る。マークを外した守田はゴール前の状況を確認し、マイナスのクロスを供給。これを家長昭博が冷静に蹴り込み、スコアを動かした。

 セットプレーではゾーンで守る相手を出し抜き、身長193cmのオルンガの後ろから谷口がフリーでヘッドを決めた。2-0としてからは相手にチャンスを作られる場面もあったが、リーグ最少失点の守備は簡単には崩れない。そして89分、味方のシュートのこぼれを阿部浩之が決めて勝負あり。柏は守護神の中村航輔が復帰していたが、川崎Fはお構い無しとばかりに複数得点を奪ってみせた。

●広島の優勝は風前の灯

 前半戦の勢いが完全になくなったサンフレッチェ広島は、アウェイに乗り込みジュビロ磐田と対戦した。期限付き移籍で約3シーズン、サックスブルーのユニフォームを纏った川辺駿が“凱旋”した。

 広島は試合の入りに成功している。ティーラシンのゴールで先手を取ると、59分には和田拓也がネットを揺らした2-0とした。以前の広島であればセーフティリードだったが、試合はこれで終わらなかった。

 磐田はCKから最後は川又堅碁が押し込んで1点を返すと、息を吹き返す。途中出場の荒木大吾が相手を引きつけてパスを送ると、田口泰士がシュート。これは当たり損ねたが、ボールの行く先にいた櫻内渚がシュートを決め同点とした。

 ペースを明け渡した広島は、激変した流れを引き戻すことができない。そして、後半アディショナルタイム。PKを献上すると小川航基に決められ、らまさかの逆転負け。2点差をひっくり返されるショッキングな形で試合を落とし、これでここ6試合の成績は1分5敗、連敗は『4』に増えた。川崎Fとの勝ち点差は7に広がり、優勝から大きく遠ざかることとなった。

 この結果、川崎Fは次節にも優勝決定の可能性を手にした。次節、川崎Fはたとえ負けたとしても、広島が敗れれば優勝が決まる。王者が連覇に限りなく近づいている。

11/7(水) 11:23 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181107-00010001-footballc-socc

写真
2: :2018/11/08(木) 07:43:57.28 ID:
正直広島より川崎の方が手がつけれない感じだったし当然かな。
3: :2018/11/08(木) 07:46:49.39 ID:
首位の川崎からは代表に一人も呼ばれずw
4: :2018/11/08(木) 07:46:49.70 ID:
2強というより1強1弱だな
5: :2018/11/08(木) 07:47:41.23 ID:
>>4
1強
2弱だと思います。

_| ̄|○
6: :2018/11/08(木) 07:50:31.24 ID:
今年のフロンターレは結構取りこぼしが多かったけどな
1点が取れなくて引き分けとか、先制されてあとはズルズル負けとか結構あって
ストレス溜まる試合が多かった
それでもこの位置にいるのは凄いけどさ
7: :2018/11/08(木) 07:50:40.70 ID:
川崎は次は、トイレの改修に予算を大量に使うの?
それとも、川崎らしく風呂?
8: :2018/11/08(木) 07:52:23.37 ID:
残留争いしてたチームが翌年には優勝争いする
世界一順位予想の難しいリーグかもしれない
9: :2018/11/08(木) 07:53:33.75 ID:
こんな低レベルなサッカー風のレジャーなんてどうでもいい
CL見た後に見ると同じ競技ではないのがよくわかる
11: :2018/11/08(木) 07:59:53.41 ID:
川崎が強い理由の1つとして代表に呼ばれないor呼ばれても消耗しないってのがあるんじゃないかな

憲剛とか家長とか阿部とかめちゃくちゃ実力あるのに年齢的な理由で呼ばれない
車屋なんて呼ばれてもほとんど使われない
大島はケガで1試合ぐらいしかまともに代表の試合出てない
小林悠もそれに等しい

DFの谷口とかも十分代表クラスだけど呼ばれないしね
戦力が低下する事無くシーズンを過ごせたのは強みだと思うなぁ
26: :2018/11/08(木) 08:37:57.79 ID:
>>11
カップ戦のときごっそり呼ばれて負けたじゃねーか
12: :2018/11/08(木) 08:01:07.83 ID:
川崎がリーグ最少失点の守備とかいわれる時代が来るとは
13: :2018/11/08(木) 08:03:01.04 ID:
磐田のようにチームプレー重視だと、落差が大きいかもな
主力が居なくなった時
上手く世代交代出切ればいいけど
川崎の場合これからだけど、その時期は近い
14: :2018/11/08(木) 08:12:49.33 ID:
フロンターレは今年もケガ人が多かった。
逆に言えば、誰が欠けてもフロンターレのサッカーが出来ているのが強みだな。
戦術の浸透力が個人の能力を大きく上回ってる。
だから毎年優勝を争うクラブが異なるのかね。
15: :2018/11/08(木) 08:16:05.89 ID:
優勝争いなんて川崎市民以外興味無いだろうし、もう需要無い。
残留争いの方が面白いw
17: :2018/11/08(木) 08:19:16.79 ID:
>>15
はいはい鹿島さん僻まないでくださいね(笑)
29: :2018/11/08(木) 08:44:51.59 ID:
>>15
ちょっと気になるのは次の試合セレッソの方が変に話題になっちゃってるのがな・・・。
プレー中のパス出す出さないって事すら神経使っちゃう気がして。
16: :2018/11/08(木) 08:18:16.52 ID:
得失点差が倍開いてるのは圧巻
4位と29差
18: :2018/11/08(木) 08:19:46.39 ID:
まずは、中村引退でとうなるかだよね
今年で38歳
小林辺りが継承者に成れるのか?
22: :2018/11/08(木) 08:25:59.73 ID:
>>18
家長にはそういう話も含めて契約してんじゃねーかな?
今年のフロンターレはケンゴ、家長、ソンリョンでここまで来れたようなもん
小林にはちょっと無理
19: :2018/11/08(木) 08:24:01.90 ID:
脱童貞したせいか気負いが全く感じられないね
20: :2018/11/08(木) 08:24:50.93 ID:
広島最下位候補にしてた北澤
名古屋優勝候補にしてた福田
21: :2018/11/08(木) 08:25:43.36 ID:
ACL、ルヴァン、天皇杯といつものように落としてるじゃん
ACLにいたっては酷いもん
23: :2018/11/08(木) 08:26:09.11 ID:
大久保いなくなって勝てるようになったか
25: :2018/11/08(木) 08:36:00.89 ID:
>>23
大久保はいった先々のチームが不調になるのはなんかあるのかね?
27: :2018/11/08(木) 08:39:09.64 ID:
>>25
半端なベテランをスッと切れる状況か、そんなのに頼らないといけない状況かの違いかね
24: :2018/11/08(木) 08:27:20.35 ID:
城福の死んだ目まだ?
28: :2018/11/08(木) 08:40:20.39 ID:
今回の小林の骨折はさすがに他のケガと同列には語れない
しかも暴力ふるった当の柏の中山はカードも出ないわ代表選ばれてるわとかないわ
30: :2018/11/08(木) 08:47:45.97 ID:
>>28
マリノスの山中と間違えてないか?
柏からは伊藤だけだぞ。
32: :2018/11/08(木) 08:59:29.02 ID:
そろそろ川崎はJの王者として日本だけでなく海外が憧れるインパクトのあるチームにならなくてはならない
今のままではACLに勝つのも難しい
niconicoをより快適に見る方法


dTVチャンネル初回31日間無料登録はこちら


日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!


まずは無料でお試し!【FODプレミアム】