1: :2018/02/16(金) 16:38:31.63 ID:
いよいよ今年もJリーグのシーズンが到来。J1は2月23日からスタートし、各々の目標に向かってひた走る長丁場の戦いが続く。昨シーズンは川崎が最終節で逆転優勝し、クラブ創設21年目にして悲願の初タイトルを獲得する劇的な幕切れとなったが、それももう終わった話だ。連覇を狙う川崎を始め、各クラブとも希望に満ちた1年にするため、新シーズンに向けて着々と準備を進めてきた。そこで今回はJ1全クラブのオフシーズンの選手補強を査定(良い方からA・B・C・Dの四段階)し、3日間にわけて紹介する。

■北海道コンサドーレ札幌 C

 移籍の人数は多くないものの、レンタルの三好康児(←川崎)を含め、適材適所の補強を成功させており、ミハイロ・ペトロビッチ新監督が3-4-2-1を押し進めるパーツはまずまず揃っている。ただ、流れるようなパスサッカーのオートマティズムを植え付けるのは簡単ではない。ミシャ(ペトロビッチ監督の愛称)の薫陶を受けた駒井善成(←浦和)も全体をオーガナイズするほど戦術を消化しているわけではなく、シャドー候補の宮吉拓実(←広島)、右サイドハーフの白井康介(←愛媛)といった期待の新戦力はもちろん、既存戦力も試行錯誤の中で徐々に戦い方を学んでいくはず。種まきのシーズンと考えれば残留が目標ラインになるが、ただの残留ではなく来季への手応えある残留を果たしたい。ベテランGK菅野孝憲(←京都)はク・ソンユンの控えと見込まれるが、高い競争で刺激を与えながら、有事の不安も取り去る的確な補強だ。

■ベガルタ仙台 B

 派手さはないが、かゆい所に手が届くような要所の補強に成功し、渡邉晋監督の掲げる3-4-2-1の完成度をさらに高めるメンバー構成となった。シャドーに運動量と突進力のある阿部拓馬(←蔚山現代/韓国)、ボランチにバランス感覚の高い庄司悦大(←岐阜)、3バックのストッパーに対人能力の高い金正也(←G大阪)と3人のレギュラー候補を迎え入れ、さらに中盤にはDF出身で高さのある21歳の板倉滉(←川崎)をJ1王者からのレンタルで加えた。大卒ルーキーながらプレシーズンで猛アピール中のFWジャーメイン良(←流通経済大)は1トップとシャドーの両方で起用できるため、マルチなジョーカーとして開幕時から出場チャンスがありそうだ。

■鹿島アンドラーズ C

 攻撃力を大きく変えるような放出・補強はないものの、もともと各セクションに他クラブなら不動のスタメンでもおかしくないメンバーがしのぎを削る構図だ。そうした競争の結果として高いパフォーマンスが出せれば”継続路線”は吉と出る。その中で内田篤人(←ウニオン・ベルリン/ドイツ)の復帰は心身両面で頼もしい。コンディションを心配する声も大きかったが、ACLの初戦からフル出場している。さらに左右のサイドバックをこなす安西幸輝(←東京V)も過密日程の中で出場機会は増えそう。代表候補の昌子源と植田直通が揃うセンターバックは新戦力の犬飼智也(←清水)が良い刺激を与えられるかどうか。

■浦和レッズ B

 昨シーズンの途中から引き継いだ堀孝史体制で開幕からスタートする今季は課題の最終ラインに期待の若手DF岩波拓也(←神戸)を迎え、新たなサイドアタッカーとしてマルティノス(←横浜FM)が、攻撃的MFには昨季リーグ戦9得点の武富孝介(←柏)、湘南のJ2優勝立役者の1人である山田直輝がレンタルバックで加入。これにより中盤からのフィニッシュは迫力を増しそうだ。昨年優勝したACLの負担がない分、リーグ制覇に向けて全力を注げるのは好材料。攻守のバランスを取りながらサイドアタックを活性化させる4-1-2-3の要は念願のアンカー起用に燃える遠藤航。青木拓矢とのポジション争いも予想されるが、ロシアW杯出場のためには開幕戦からのフィットが不可欠だ。
2: :2018/02/16(金) 16:38:45.63 ID:
■柏レイソル B

「柏から世界へ」を伝統的に掲げるクラブらしく、ACLとの”二足の草鞋”を履ける充実の戦力となった。左サイドバックの主力だった輪湖直樹がJ2福岡に移籍、MF小林祐介も湘南に期限付きで出されたことで”下部組織率”は下がったが、機動力の高いMF小泉慶(←新潟)や快足ドリブラーの山崎亮平(←新潟)、シュートセンスに優れる江坂任(←大宮)など、外から刺激的な血が注入されている。その中でも江坂は勝敗に直結するチャンスメークとフィニッシュを期待できる。戦術的な適応力は開幕前から評価が高い様子だ。守護神の中村航輔とセンターバック中山雄太、中谷進之介の若きトリオは引き続き守備の要だが、188cmのパク・ジョンス(←横浜FM)はACL仕様で”パワープレー対策”など大きな力になりうる。また、タイトなマークと推進力が強みの亀川諒史(←福岡)は左右サイドバックで主力を狙える。

■FC東京 D

 前線の大型補強が話題になった昨季ほどのインパクトはないが、ガンバ大阪時代から長谷川健太新監督のサッカーを知る大森晃太郎(←神戸)の加入は効果的で、組織的な守備から入って効率良く鋭いフィニッシュにつなげるサッカーを引っ張る存在になりそう。前線の新戦力であるディエゴ・オリベイラ(←柏)と富樫敬真(←横浜FM)はともに好調時のゴールのインパクトは大きいものの、確実に二桁得点を期待できる戦力ではなく、ベテランの前田遼一、16歳の久保建英も含めたポジション争いの中で主力を見極めていく前半戦になるだろう。トップ昇格の長身FW原大智はスケール感があり、当面はU-23が主戦場になると予想されるが、長谷川監督の評価を得れば一気のブレイクも。(文・河治良幸)

※(←クラブ名)は前所属を示す

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180216-00000028-sasahi-socc&p=2
3: :2018/02/16(金) 16:41:43.78 ID:
これ補強の満足度であって、戦力全体の評価は関係ないから鹿島がCとかで一瞬「んん?」ってなるな
7: :2018/02/16(金) 16:50:53.98 ID:
>>3
元の戦力関係ないなら長崎はAとかになるのかなw


印象として横浜とガンバがあんまり補強してない感じがするがどうなんだろう?
4: :2018/02/16(金) 16:42:11.69 ID:
なるほどなぁ
ありがたい記事や
5: :2018/02/16(金) 16:47:13.29 ID:
順位予想

1位セレッソ大阪
2位鹿島アントラーズ
3位柏レイソル
4位ジュビロ磐田
5位川崎フロンターレ
6位名古屋グランパス
7位浦和レッズ
8位サガン鳥栖
9位湘南ベルマーレ
10位ヴィッセル神戸
11位コンサドーレ札幌
12位横浜マリノス
13位ガンバ大阪
14位FC東京
15位サンフレッチェ広島
16位Vファーレン長崎
17位ベガルタ仙台
18位清水エスパルス
8: :2018/02/16(金) 16:50:59.82 ID:
>>5
トップ5はこんなものとしても名古屋が浦和より上ってことはないだろう
札幌はトップ10に入ってくると思う
ガンバはもっと下かもしれない
16: :2018/02/16(金) 17:18:04.06 ID:
>>5
ベガルタ相変わらずの低評価だな
長崎より下か?
39: :2018/02/16(金) 18:53:06.52 ID:
>>5
名古屋6位は絶対無いと断言できる
絶対必要だった守備陣の補強が甲府のベンチ、ユース上がり、ブラジル二部
抜けた選手との差し引きで考えたら全く補強になってない
J1最多失点記録を大幅に塗り替えるだろうな
6: :2018/02/16(金) 16:50:24.03 ID:
広島サポだがガンバが躍進して桜が早めに散る予感
10: :2018/02/16(金) 16:56:26.32 ID:
>>6
クルピは始めの2ヶ月ぐらいかけてチームを作るからスタートダッシュはないよ

セレッソはまだリフレッシュできてない身体面をどう対処するかだね
ゼロックスとかACL見る限りだとまだ去年の6割ぐらいのでき
疲れが底なんだろうけど、もう開幕だよw

1にあるようにACLのない浦和はリーグ集中で間違いなくスタートダッシュかけられるし
戦力もアップしてるから強いだろうなあ


あと、広島!
サッサと元の強さに戻りまたえw
32: :2018/02/16(金) 18:06:40.67 ID:
>>10
真面目に答えてるけど、それガンバサポの成り済ましだろw
9: :2018/02/16(金) 16:56:13.90 ID:
お前らコンサの降格フラグを立てまくるなよ
11: :2018/02/16(金) 16:58:10.40 ID:
けさい阿部拓と庄司か、良い補強したな
岐阜ちゃんは大丈夫か?
41: :2018/02/16(金) 18:55:15.05 ID:
>>11
庄司がなんでそんなに高く評価されるかわからん
去年岐阜の試合全部見たけど、あいつ鳥籠しかしてないし守備もスカスカだし小野の方が全然良いよ
13: :2018/02/16(金) 17:05:28.03 ID:
他国と違ってJはどこが優勝するか分からんから面白い
14: :2018/02/16(金) 17:09:50.16 ID:
今年はJリーグに専念できる浦和が優勝するだろうな
15: :2018/02/16(金) 17:17:52.53 ID:
ストーブリーグっていう言葉がやきうっぽいからやめて
37: :2018/02/16(金) 18:32:02.85 ID:
>>15
英語で普通に使う
サッカーやF1でも余裕でストーブリーグと言われてる
17: :2018/02/16(金) 17:18:58.23 ID:
川崎フロンターレの攻撃的サッカーはあまりサッカーに詳しくない人でも楽しめる
27: :2018/02/16(金) 17:50:35.88 ID:
>>17
全然楽しくないが
19: :2018/02/16(金) 17:23:14.90 ID:
浦和ラファエルぬけてその評価はないだろ
21: :2018/02/16(金) 17:27:48.69 ID:
仙台の阿部と庄司は結構面白い補強だと思う
22: :2018/02/16(金) 17:28:07.40 ID:
順位予想

1位鹿島アントラーズ
2位川崎フロンターレ
3位セレッソ大阪
4位柏レイソル
5位サガン鳥栖
6位浦和レッズ
7位ジュビロ磐田
8位横浜Fマリノス
9位ガンバ大阪
10位北海道コンサドーレ札幌
11位サンフレッチェ広島
12位ヴィッセル神戸
13位FC東京
14位名古屋グランパス
15位ベガルタ仙台
16位湘南ベルマーレ→入替戦で残留
17位清水エスパルス
18位Vファーレン長崎
23: :2018/02/16(金) 17:29:54.15 ID:
アンドラーズてて
24: :2018/02/16(金) 17:41:13.54 ID:
アンドラーズとな
25: :2018/02/16(金) 17:48:43.70 ID:
柏は確かに戦力アップしたけど、勝負弱さはあまり変わってない印象
26: :2018/02/16(金) 17:49:14.30 ID:
補強が充実したチームでも成績伸びるかは別問題よねー
28: :2018/02/16(金) 17:56:05.56 ID:
弱い方の上海に勝てなかった弱い鹿島
29: :2018/02/16(金) 17:56:58.14 ID:
この6クラブを見ただけでも、今更ながら「ええ?あの選手がこのクラブに?」という驚きばかり。
クラブ数が非常に多いし、いちいち細かい移籍情報リリースを追ってられないからね。
30: :2018/02/16(金) 18:04:05.74 ID:
ストーブリーグってダサい言い方すんなよwww
31: :2018/02/16(金) 18:05:52.04 ID:
降格の筆頭候補はセレッソ大阪だな。
このチームはこの時期にいいとシーズン中に立て直しできないレベルで
チームが完全に壊れる。
33: :2018/02/16(金) 18:06:57.16 ID:
広島は残留させた監督クビとかひどいな
34: :2018/02/16(金) 18:07:36.21 ID:
なるほどね
35: :2018/02/16(金) 18:22:16.09 ID:
新潟がJ2だが戦力凄いな
外人3トップ
36: :2018/02/16(金) 18:25:15.58 ID:
広島は何でJFKなんだろ意味不明にもなあ、ラモスとか呼べば面白かったのに
38: :2018/02/16(金) 18:36:02.73 ID:
的確といえば的確な補強だけどワクワク感はあんまりないよな
毎年のようにJ2J3で無双する若手が出てきてるなら楽しみにもなるけど
外国人も一流とは言わんから国内移籍じゃなく外から連れてきてほしいわ
ニワカな自覚あるけどやっぱりワクワクしたいもん
40: :2018/02/16(金) 18:53:27.85 ID:
【河治良幸のJリーグ順位予想】戦力充実の浦和が有利も、課題は勝負弱さの克服か 2017.2.24 16:00
https://dot.asahi.com/dot/2017022400066.html?page=3
1位:浦和
2位:G大阪
3位:鹿島
4位:広島

16位:札幌
17位:新潟
18位:甲府

>>1の去年の順位予想
上位がが何というかもう
42: :2018/02/16(金) 19:01:40.79 ID:
まったく読めないのがJリーグ
43: :2018/02/16(金) 19:05:48.72 ID:
サッカーは、審判を買収したチームが勝つ!
44: :2018/02/16(金) 19:13:32.16 ID:
今年も誇らしく残留が出来ますように