1: :2017/12/24(日) 13:00:46.24 ID:
Jリーグの関西勢は2017年、J1に復帰したC大阪が一気に躍進する一方で、神戸は9位、G大阪は10位にとどまった。J2京都も12位と低迷。天皇杯全日本選手権では、C大阪と神戸が準決勝に進出し、23日午後1時から、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居で対決する。関西4チームのJリーグでの戦いぶりを振り返った。(吉原知也)

サクラを咲かせた監督の手腕

 C大阪はJ1復帰1年目で花を咲かせた。YBCルヴァン・カップで、クラブ史上初となるタイトルを獲得。リーグ戦は過去最高位に並ぶ3位。エース杉本がチーム最多となる22得点でブレークした。

成績が上昇曲線を描いたのは、OBで今季就任した尹晶煥(ユンジョンファン)監督の功績が大きい。主力組と控え組を効率的に使い分けるターンオーバー制を導入し、ルヴァン杯は決勝までのほとんどの試合を控え組中心で臨み、結果を出した。守備的MF山村をトップ下にコンバート。大卒プロ2年目のDF木本を主軸に成長させるなど、個々の能力を見極める巧みな采配が際立った。

 重要な試合で勝ち点を取りこぼす「勝負弱さ」を抱えていたが、チームに「自信」を植え付けた。躍進を図る来季の大きなポイントとなるのが、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の戦い方だろう。

日程が過密になりやすく、コンディション調整が難しくなるからだ。やり繰りが一層重要となる。さらに、十分に構築できなかった守備面をどう改善するか。“C大阪らしい”と表現される細かなパス回しを志向する選手も多い中で、尹監督が重要視する守備戦術の理解を深めていく必要がある。主力の柿谷は「『いつも強い』といわれるようなC大阪になりたい」と決意を語った。

ドイツ代表の10番の活躍

 天皇杯全日本選手権で初タイトルを目指す神戸は今季、元ドイツ代表ポドルスキの加入が話題となったが、シーズンを通した戦いは不安定で、J1は9位。夏場以降は監督解任やフロント陣の全面交代などでクラブが揺れ、前半の好調を生かせなかった。

 開幕4連勝でスタートダッシュに成功したが、攻守のバランスを崩して失速。7月にポドルスキが合流したものの、8月中旬には成績不振を理由に3季目のネルシーニョ前監督が解任された。ヘッドコーチだった吉田監督が後任の指揮官となってやや持ち直した。

 チームは日本代表歴を持つ渡辺、ハーフナーら中堅の選手が名を連ねる。経験豊富な半面、全体としては攻撃から守備への切り替えの遅さなど、統一感を欠いていた。オフに生え抜き選手を含めた主力が流出する可能性もある。戦術の練り直しが必要だが、ポドルスキは「ボールを持ったときに相手を崩すオプションを作ること」と攻撃面での進化を提言する。

 クラブは飛躍を期す来季に向け、親会社でインターネット通販大手の楽天を中心に、強化部門や運営部門の全面的な再構築に着手している。会長を務める三木谷浩史氏が「世界標準のアジアを代表するクラブ」と思い描く将来的なビジョンを具体化できるか。プロ野球楽天イーグルスの球団社長と兼任する立花陽三社長の手腕も注目される。

2季連続の不振、名将の退任

 2017年のG大阪は2季連続で無冠に終わり、大きな転換点を迎えた。ポイントとなるのが、5シーズンにわたって采配をふるい、国内3冠などをもたらした長谷川監督の退任だ。クラブは、名将の花道を飾るべく、シナリオを描いていたが、そうはならなかった。

 9月に長谷川監督の退任を発表して以降、残りの公式戦13試合で未勝利。倉田や井手口、東口ら日本代表の選手がそろい、リーグ屈指の戦力を誇るが、チームは攻守において機能不全に陥った。J1リーグ戦で10位に沈み、天皇杯とYBCルヴァン・カップも敗退した。ホーム試合では、観客席からブーイングが巻き起こった。

 再建を目指す来季の鍵を握るのは、新監督に就任するブラジル出身のクルピ氏だ。過去に率いたC大阪で日本代表の香川(ドルトムント)や乾(エイバル)を育てたことで知られる。

 戦術的には攻撃志向が強いのが特徴。規律を保った組織的な守備と鋭いショートカウンターで頂点に立った長谷川監督時代からどう変えていくのか、手腕が問われる。古巣C大阪との「大阪ダービー」も一層熱を帯びそうだ。

 ベテランの遠藤は「G大阪はまた数多くのタイトルを取れるようになる必要がある」と力を込める。来季で38歳となるが、自身のプレーの精度をどこまで保てるか。若手育成に定評のある新指揮官の下、これまで通りの存在感を発揮したい。
2: :2017/12/24(日) 13:01:10.04 ID:
オチひでえな
3: :2017/12/24(日) 13:01:10.52 ID:
DFがチームトップの15得点 

 J2京都は今季も苦しんだ。元日本代表DFの闘莉王を補強したが、結局は12位。J1昇格は遠かった。布部監督が就任したが、シーズン中に3バックから4バックへ布陣変更するなど、確固たるチーム戦術を構築できなかった。

 そんな中でも、闘莉王の奮闘は目を引いた。試合中は声を出して仲間に指示を出し、時には本職ではないFWとして最前線に立つ。それで、チームトップの15得点をマーク。だが「悔しい1年になった。チームとして進歩しないといけないところはたくさんある」と振り返った。

36歳のベテランは引退する可能性もあり、来季の去就が注目される。

 2010年以来のJ1復帰を目指す来季も布部監督が続投する。高卒2年目を迎える東京五輪世代のFW岩崎ら若手の成長が必要だ。

http://www.sankei.com/west/news/171221/wst1712210066-n4.html
4: :2017/12/24(日) 13:03:44.96 ID:
CとGの大阪
なにが運命を分けたか
21: :2017/12/24(日) 14:29:32.60 ID:
>>4
健太の退任発表からのガンバの選手モチベーションがダダ下がり
5: :2017/12/24(日) 13:04:25.97 ID:
何気に今年はリーグ戦、ルヴァンカップ、天皇杯いずれも関西で一番上なのがC大阪なんだよな
7: :2017/12/24(日) 13:10:58.61 ID:
J2の京都を混ぜるのはどうなんだ
9: :2017/12/24(日) 13:12:02.68 ID:
忘れられた奈良クラブ
10: :2017/12/24(日) 13:12:42.04 ID:
ガンバは吹田で勝てるようにならんと誰が監督だろうがどーにもならん
アウェーで五分でもホームでは全部勝てるぐらいにならんとタイトルには絡めないのに
ホームで負けまくりなんだもん
11: :2017/12/24(日) 13:32:16.61 ID:
タイトルホルダーがセレッソと脚だけだもんな
18: :2017/12/24(日) 14:26:25.27 ID:
>>11
京都も天皇杯取ってるぞ
12: :2017/12/24(日) 13:46:11.89 ID:
遠藤が衰えてきて、阿部と大森が退団、若手のホープ堂安はオランダへ、
にも拘わらず大して補充しないまま、人手不足に陥り鹿に赤崎借りる始末
頼みのアデミとファビオはスペで離脱気味、新加入のウィジョは空回り
健太退任発表で結束するかと思いきや、バラバラになり状況さらに悪化
9月以降10試合リーグ戦勝ち星なしという醜態をさらして終戦
そして代表で一旗揚げた井手口も海外移籍が決定的

新監督のクルピも大変だな
19: :2017/12/24(日) 14:27:02.36 ID:
>>12
赤崎は出場機会も殆ど無いまま川崎に移籍しました
13: :2017/12/24(日) 13:59:50.19 ID:
セレッソの致命的な問題点は、好成績を残したときに日本人選手を過大評価してしまうところ。

今まで通りのセレッソだったら、ここでソウザとヨニッチ切って、代わりに獲った外国人が全部ハズレ
木本と山下のCBコンビ、山口と秋山のボランチコンビではJ1の攻撃を食い止められなくなり
清武が海外再挑戦、杉本柿谷がスランプで残留争い→踏ん張りきれず降格ってなるんだけど今回はどうだろう
23: :2017/12/24(日) 14:51:19.54 ID:
>>13
なんとなく勝ってまうセレッソ
14: :2017/12/24(日) 14:02:21.46 ID:
たった1シーズンで落日とかアホかwww
15: :2017/12/24(日) 14:09:22.10 ID:
京都~ 観客3000人♪
16: :2017/12/24(日) 14:22:53.19 ID:
セレッソのジェットコースター芸には期待している

いまは斜め45度でカタタンカタタン上がっているところでしょ
17: :2017/12/24(日) 14:26:00.85 ID:
ガンバサポ「セレッソ見習え、セレッソ!」
20: :2017/12/24(日) 14:27:29.02 ID:
スタジアム建てたクラブは落日する
なぜならJリーグにとってはもう税金食い尽くす支援が必要ないから
22: :2017/12/24(日) 14:39:50.64 ID:
千葉県にある2クラブも両方は強くならない法則
24: :2017/12/24(日) 15:12:39.66 ID:
京都だけ置いてけぼり
25: :2017/12/24(日) 15:34:39.43 ID:
ルヴァン獲っただけで飛躍扱いされちゃ困るぜ
来シーズンきっちり降格してPOで悔し涙をながすまでが1セットやろ