★金太郎の故郷で湘南の規格外モンスターが豪快弾!! 追いすがる神戸を振り切り湘南が白星飾る《湘南vs神戸》

▽16日にDUARIG Fリーグ2017/2018第30節の湘南ベルマーレvsデウソン神戸が南足柄市体育センターで行われ、3-2で湘南が勝利した。

▽前節のシュライカー大阪戦に勝利したことでクラブ史上初となるプレーオフ出場が決まった湘南とプレーオフ出場を争う府中アスレティックFC戦を引き分けに持ち込んだ神戸が対戦した。昔話に出てくる金太郎の故郷として知られる南足柄市で約1年ぶりの開催となった一戦は、湘南がGKフィウーザを使って数的有利を作り出して神戸を押し込んでいく入りとなった。

▽その中で、小門、ロドリゴが個人技からフィニッシュまで持ち込む。対する神戸も、押し込まれた状態ではしっかりとブロックを作り、攻撃に転じると稲田、松宮の両アラが相手陣内までボールを運んでシュートを放っていった。

▽セットが変わった6分すぎには湘南が内村と植松の2枚が底辺でボールを捌きながら、前線の浦上と鍛代にボールを当てる[2-2]のような形で攻める場面が多く見られる。さらに選手を入れ替えた12分には高溝が中央をドリブル突破して3人を剥がしてシュートを放つが、GK小石峯がセーブする。

▽神戸も16分に1stセットがチャンスを作る。カウンターから岡崎チアゴが狙っていくが枠をとらえ切れず。ここから湘南がカウンターに出たところを高い位置で奪い、逆カウンターを発動。森洸、稲田が立て続けにチャンスを迎えたがGKフィウーザが立ちはだかった。

▽前半にスコアは動かず迎えた後半も湘南がペースを握る。しかし後半最初のチャンスは神戸で、23分に左サイドから流れた岡崎チアゴが放った反転シュートはGKフィウーザがなんとか触り、ボールは右ポストを叩く。チャンスを逸した神戸に対して湘南は、27分にロドリゴがドリブルから得たFKを小門が直接蹴り込んで先制に成功する。

▽その後も湘南がチャンスを作るが決め切れず。それでも34分にカウンターから刈込のラストパスを林田が押し込んで2点目を奪う。すると神戸はすぐさまパワープレーを開始。対する湘南もGKをフィウーザから上原にチェンジし登録選手全員を起用する。

▽迎えた39分、湘南はまたもカウンターから植村のプレゼントパスを鍛代が滑り込みながら押し込み3点目。試合の大勢を決定づけたかに思われたが、ここから神戸が逆襲を開始。パワープレーの流れから39分に森脩、40分に稲田が立て続けにネットを揺らす。試合終盤には相手陣内でのキックインから同点ゴールを目指した神戸だったが、湘南も最後の1点は奪わせず。試合はそのまま終了し、湘南が神戸の粘りを振り切って南足柄開催を勝利で飾った。

 

 

引用元:Fリーグモバイル http://sp.f-lg.jp/news/view?news_no=297777&page=0