★すみだ、ホーム最終戦大勝でプレーオフ進出に王手! 今シーズンホーム無敗!《すみだvs北海道》

▽16日に墨田区総合体育館でDUARIG Fリーグ2017/2018第30節のフウガドールすみだvsエスポラーダ北海道が行われ、7-1ですみだが勝利した。

▽前節の名古屋オーシャンズ戦を1-9で大敗したすみだと、ペスカドーラ町田戦を1-1で引き分けて連敗を5でストップした北海道の一戦。この試合に勝利すればプレーオフ進出に大きく近づくすみだが攻勢を強めるが、北海道の力強いプレスの前にボールを落ち着かせることができず、ピヴォの岡村に縦パスを入れることができない。

▽それでも強引にゴールを狙うすみだは2分に諸江が敵陣中央から左足を振り抜いてファーストシュートを記録。さらに4分にはボックス左手前でボールをキープする清水を追い越した中田のクロスを岡山がシュートを放つもGK鶴岡のブロックに阻まれる。すると北海道はその流れから自陣左サイドでボールを拾った高山が持ち上がり、室田とのコンビネーションでシュートまで結びつけたが、ゴールとはならない。

▽両者攻撃に激しさを増す中、すみだに先制点が生まれる。6分、ボックス左でパスを受けたボラが中央への切り込みからシュートフェイントを入れて左足を振り抜く。これを中央に走り込んでいた宮崎がプッシュしてゴールネットを揺らした。

▽先制を許した北海道は8分、自陣右サイドから鈴木がロングパス。ボックス左外の水上の落としを中央に走り込んだ酒井が合わせたが、同点ゴールとはならない。

▽北海道を引き離したいすみだは12分、岡山の右CKを清水がシュート。これはGK鶴岡に右足で防がれたが、直後の13分に追加点を奪取する。左サイドでボールを奪った岡山がドリブルで持ち上がり、清水がボックス左外に流れて中央にスペースを作る。相手のマークが清水に釣られたのを見逃さなかった岡山が中央に侵攻して右足を振り抜くと、ボールはGK鶴岡の頭上を射抜いた。

▽2点にリードを広げられた北海道は攻勢を強めるが、すみだの連動した守備の前に崩しきることができない。対するすみだもその後、パスのズレやトラップミスで流れを掴みきれず、2-0で試合を折り返す。

▽試合を優位に進めるすみだは、後半開始直後に追加点を挙げる。21分、ハーフライン付近から中田がドリブルで持ち上がり、ボックスやや手前から左足を振り抜く。これがGK坂のパンチングを誘発し、ゴール前で待ち構えていた清水が押し込んだ。

▽3点差にリードを広げたすみだはその後、中田の正確なパスから次々とチャンスを創出。すると26分、左サイドから岡山のキックインを受けた中田が左足でゴール右隅へと突き刺す。

▽苦しい展開を強いられる北海道は、カウンターでゴールを脅かすも、なかなかゴールを奪うことができない。33分にはGK坂のフィードをボックス左の水上がヘディングでポストプレー。ボックス右に堂下が走り込んだが、GK大黒が好判断な飛び出しで防ぐ。

▽チャンスを決めきれない北海道に対して、すみだはシュートチャンスを量産してゴールを狙う。34分には岡村のパスを受けたボラが相手を背負いながらボックス右手前から右足で強引にシュート。強烈なシュートだったが、右ポストに嫌われてしまう。それでも35分、ボラが左サイドから右足トゥーキックでゴール右隅へと沈めた。

▽5失点目を喫した北海道は直後、酒井をゴレイロの位置に投入してパワープレーを開始。すると39分、パワープレーから粘り強くボールをつなぎ、ボックス右外でパスを受けた酒井が右足でクロスを供給する。これをゴール前で待ち構えていた室田が足に当てて一矢報いる。

▽それでもすみだは終盤、パワープレーを続ける北海道に対して攻撃で応戦する。すると40分には渡井と田村がパワープレー返しを決めて試合終了。7-1で勝利したすみだがホーム最終戦を大勝し、今シーズンホーム負けなしでプレーオフ進出に王手をかけた。17日に行われるシャライカー大阪vsヴォスクオーレ仙台戦で大阪が引き分け以下の場合、すみだのプレーオフ進出が決定する。

 

 

引用元:Fリーグモバイル http://sp.f-lg.jp/news/view?news_no=297766&page=0