1:2016/03/21(月) 20:36:31.04 ID:
正直、現状ではかなり厳しいと言わざるをえない。J1昇格を目指す京都が、
開幕から4試合連続ドローと厳しいスタートを強いられた。20日に行われた第4節の長崎戦(西京極)は、
流れの中から決定機を生み出せず、見せ場のないまま0―0で試合終了となった。
前線からハードワークしてくる長崎に後半は主導権を握られただけに、無失点に終わったことが救いだった。

 オフには大幅な血の入れ替えを敢行し、所属する29人中17人が新加入となった。
同じく半数以上が入れ替わった千葉が4位につけているのとは対照的に、京都は13位。
前節岡山戦で4バックから3バックに変更しながらも、長崎戦では再び4バックに戻した。
攻撃面でも誰を中心に攻めるのか、どういった崩しを目指しているのかが分からず、石丸監督の苦悩が垣間見えた。

 昨年11月には湘南のチョウ・キジェ監督に就任を要請したが、湘南残留を決めたことから断念。
それを受けて石丸監督を続投させたのは、クラブとしてどうなのかと思ったし、
石丸監督への敬意も欠くのではないかと思った。近年の不振でクラブを追われた元幹部は
「サンガは、もっと根本的なところから見つめ直さないと絶対に変わらない」と断言する。

 11年から再びJ2で戦い、今季で6年目。14年は9位、昨季は17位に沈んだ。
かつてはJ1とJ2を行き来することから「エレベータークラブ」と言われた京都が、近年は上がることすら叶わなくなっている。
だが、長崎の高木監督が「こういう豪華なメンバーがそろうチームをゼロで抑えられたことは進歩」と語ったように、
J2の他クラブがうらやむ戦力があることは事実だ。

 移籍1年目で主将に就任したGK菅野は「相手が苦しい時間帯に技術を出せるかどうか。
そういうところじゃないかなと思う」と浮上のカギを語る。さらに「監督の戦術を信じてやっていく」とも付け加えた。
42試合を戦う長丁場のJ2は、まだ序盤。山中社長が目標に掲げる「18年のJ1優勝」が
絵に描いた餅にならないためにも、ここからの巻き返しに期待したい。(西海 康平)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160321-00000142-spnannex-socc
 
2:2016/03/21(月) 20:38:50.19 ID:
ドローですむだけマシ
交代枠残して逆転負けし始めてからがスタート(愛媛サポ)
 
3:2016/03/21(月) 20:41:52.24 ID:
トリニータの後を追うか
 
5:2016/03/21(月) 20:46:58.26 ID:
記録更新狙ってます
 
6:2016/03/21(月) 20:49:41.35 ID:
名古屋から本多みたいな守備専SBを高額で引き抜くからそうなるw
 
7:2016/03/21(月) 20:50:54.65 ID:
△△△△おにぎり4つ
 
10:2016/03/21(月) 21:36:03.08 ID:
>>7
おにぎりに海苔巻いてね
▲▲▲▲
 
8:2016/03/21(月) 20:57:01.72 ID:
全部引き分けても降格はしないよな?
 
9:2016/03/21(月) 21:07:15.83 ID:
本多より安田獲った方が良かったろw
 
11:2016/03/21(月) 21:56:45.13 ID:
千葉は腐ったミカンを大量放出して、千葉に思い入れのある選手を取った
京都は要のユース組をそっくり取られて、補充もDF以外は微妙
同じようでも、全然違うよ
 
12:2016/03/21(月) 22:02:13.36 ID:
石丸の直近20試合の成績
〇△〇△△△△△△△△△○●○○|△△△△
 
15:2016/03/22(火) 09:12:17.51 ID:
>>12
〇△〇△△△△△△△△△○●○○|△△△△

これだと見た目がよくなってしまうな

〇▲〇▲▲▲▲▲▲▲▲▲○●○○|▲▲▲▲
 
13:2016/03/21(月) 22:05:48.04 ID:
ぽこサポだがエレベータークラブ盟主の座だけは譲れない
 
14:2016/03/22(火) 00:34:45.27 ID:
次のコンサ戦とそのあとの大黒のモンテディオ戦でも勝てなかったら
解任やろ、
1回J3でやり直した方がいいでこのクラブ
カラーも紫から変えるとかして
 
17:2016/03/22(火) 13:46:58.65 ID:
昔はエレベーターチームって言ってたのに
下の階でずっと止まったままじゃん
 
18:2016/03/22(火) 14:12:42.70 ID:
たぶん17位あたりで残留できると思うよ
 
19:2016/03/22(火) 14:49:26.29 ID:
それは千葉、東京VERDYにも言える。