★森岡ハットの町田が大阪に快勝!!《町田vs大阪》

 
▽2日にDUARIG Fリーグ2017/2018第27節のペスカドーラ町田vsシュライカー大阪がゼビオアリーナ仙台で行われ、6-2で町田が勝利した。


▽今シーズンからの試みとなる6クラブ共同開催が6回目を迎えた。ゼビオアリーナ仙台ではJ SPORTSシリーズとしてヴォスクオーレ仙台、フウガドールすみだ、ペスカドーラ町田、名古屋オーシャンズ、シュライカー大阪、バサジィ大分が終結した。


▽初日の第1試合では、前節にすみだとのダービーマッチを制して2位に浮上した町田と、名古屋を相手に9-4と快勝した6位の大阪による昨シーズンのリーグ優勝を争った2チームが激突した。試合は1分に滝田の斜めに入れた浮き玉のパスから中井がシュートを放てば、高い位置でボールを奪ったチアゴが個人技でシュートまで持ち込むなどオープンな展開となる。

▽迎えた3分、右CKを獲得した町田はこの流れから森岡にボールが渡ると、最後は右サイドの角度のない位置から強引にシュートをねじ込んで先制点を奪った。その後も町田がチャンスを作るが決めきれずにいると、7分には右サイドから崩しにかかった大阪が、最後は佐藤のシュートが決まって同点とした。

▽迎えた10分、町田は室田がドリブルで中央を突破。ここは両サイドから挟み込まれてボールを失うが、室田はすぐさまチアゴからボールを奪うと、そのままシュートを決めて町田が勝ち越し。しかし大阪も17分にカウンターから砂糖のシュートはGKピレス・イゴールが防ぐが、こぼれ球を拾ったチアゴがループシュートを沈めて同点に追いついてハーフタイムを迎えた。

▽すると後半は大阪が先に仕掛ける。21分にはチアゴがミドルレンジから積極的に狙い、直後のCKでは相井がボレーシュートで町田ゴールを脅かす。しかしこのチャンスを決めきれずにいると25分には中央の森岡がボールを受けて右に流れながら反転し、そのままシュートを流し込んで町田が3度目の勝ち越しに成功する。

▽町田はさらに29分に室田が左サイドで縦に仕掛けて、角度のない位置からシュートを決めきると、31分には室田が森岡のリターンパスを受けて右に展開。右サイドの森谷が入れたシュートパスを、逆サイドの森岡が無人のゴールに流し込んだ。

▽点差を広げられた大阪は反撃に転じたいところだったが、33分に仁井がレッドカードで退場となってしまう。するとこの数的不利の中、35分に金山にゴールを奪われてスコアは6-2。大阪はその後すぐさま今井をGKにおいたパワプレーに出るが実らず。町田が昨季の王者相手に快勝した。

 

引用元:Fリーグモバイル http://sp.f-lg.jp/news/view?news_no=295851&page=0