★神戸が第2節以来の白星! 大分は4戦勝ちなし…《大分vs神戸》

▽26日に大分県立総合体育館でDUARIG Fリーグ2017/2018第26節のバサジィ大分vsデウソン神戸が行われ、0-2で神戸が勝利した。

▽2分け1敗と3試合連続で勝ちのない大分が、第2節以来25試合勝利なしと絶不調の神戸をホームに迎えて行われた一戦。

▽最初のチャンスを手にしたのは神戸。岡崎が左サイドでボールを持つと、ゴールを狙う。しかし、これは相手にブロックされた。対する大分は、原田が前線で激しくキープし、攻撃の糸口を探っていく。

▽それでも落ち着いて試合を組み立てる神戸に、7分にも好機が訪れる。左サイドの稲田がドリブル突破からシュートまで持ち込んだものの、相手GKに処理された。9分にも川那部に決定機が訪れたが、これも枠を捉えない。

▽その後も神戸がやや優勢に試合を進めると、15分に岡崎が中央にラストパスを送る。待ち構えていた松宮がシュートを放ったが、これもセーブに遭い得点とはならない。結局、先制点が生まれないまま、前半が終了。勝負の行方は後半に委ねられた。

▽試合を折り返してもなかなか先制点は生まれなかったが、35分に待望のシーンが訪れる。前半にも積極的な突破をみせていた稲田が再び左サイドを侵攻。そのまま中央に折り返すと、川那部がスライディングしながらもシュートを放つ。これがネットに突き刺さった。

▽失点を喫した大分は直後にタイムアウトを取り、パワープレーを開始。すると37分、原田がシュートを放つもこれは枠を外れた。迫力のあるパワープレーに対し、神戸は身体を投げ出しつつ気迫の守備をみせていく。

▽すると試合終了間際の40分、続く大分のパワープレーの隙を突いた小石峯にシュートチャンス。これを沈めてリードを2点に広げた。神戸はその後も大分のパワープレーを凌ぎ続け、試合が終了。第2節以来となる白星を手にすることとなった。

 

 

引用元:Fリーグモバイル http://sp.f-lg.jp/news/view?news_no=295188&page=0