★チアゴ4発!名古屋から大量得点を奪った大阪が白星を飾る《大阪vs名古屋》

▽25日にDUARIG Fリーグ2017/2018第26節のシュライカー大阪vs名古屋オーシャンズが、岸和田市総合体育館で行われ、9-4で大阪が勝利した。勝てばプレーオフ進出が決定する名古屋は、前半開始早々にルイジーニョがシュートを放っていく。

▽対する大阪は2分、チアゴからの斜めのパスをゴール前で受けた佐藤が流し込み、先制に成功。

▽追いかける展開となった名古屋は4分、中央の斎藤から右角のヴァルチーニョへパスが通ると、最後は西谷がゴール前に飛び込む。しかし、これはタイミングが合わない。直後にCKの流れから斎藤が打ったシュートがゴールマウスへ吸い込まれるも、直前のファールでノーゴール。その後、名古屋はラファ、ルイジーニョを攻撃の起点に大阪ゴールを脅かすもゴールを割ることができない。

▽一方の大阪18分、相井からのパスをフリーで受けた佐藤が決め2-0に。前半終了間際には名古屋のファールが重なり、大阪が第2PKを獲得。これは篠田が阻止すると、2-0で前半を終える。

▽大阪のリードで迎えた後半、開始早々にラファのゴールで名古屋が1点を返す。

▽23分、セットプレーの流れからゴール正面の位置でボールを受けたチアゴがシュートを突き刺すと、直後には名古屋のオウンゴールで4-1に。28分には、カウンターから相井が右に流れそのままシュート。これが決まり、5-1と大阪がリードを広げる。

▽名古屋は29分に、西谷をゴレイロの位置に入れパワープレーを開始。しかし、パワープレー返しから連続失点を喫し点差が開くと、安藤をゴレイロのに置き再びパワープレー開始。すぐに安藤がゴールを挙げるも大阪に追加点を許し、9-2に。

▽37分には再び西谷をゴレイロに入れると、ルイジーニョ、八木が立て続けにゴールを決め追い上げをみせる。しかし、反撃もここまで。9-4で大阪が勝利し、ホームで勝ち点3を獲得した。

 

※過去の対戦→名古屋-大阪

 

★木暮監督「新しい基準が見えるくらいの試合をしてくれました」《大阪vs名古屋》

◆シュライカー大阪
木暮賢一郎監督
――試合を振り返って
「名古屋との今季最終戦、ここまで2敗していますし、今日彼らが勝てば僕たちのホームでプレーオフ進出が決定する試合でした。昨年の名古屋同様王者のプライドをチーム全体で表現できたと思います」

「また、全選手がハードワークをしようと取り組んだ試合でした。中断期間前から、プレーオフ進出に向け、そして今日の試合に勝つためにハードワークをする基準を明確にしました。プレー強度の高さをどれだけ維持するか。プレー時間や交代、ボールが切れた瞬間にどういう基準を持ってプレーするかなど、今日の試合では新しい基準が見えるくらいの試合をしてくれました。それが得点を含めて、強度の高いプレーをして勝利できた要因だと思います。出場した選手だけでなく、一緒にトレーニングを積んだ選手たちにもおめでとうと言いたいですね」

――GK冨金原選手の起用について
「定永GKコーチを信頼していますし、その中で今日の試合は冨金原でどうかという話がありました。久しぶりの試合でしたが、良いプレーをしてくれたと思います」

――流れの中で勝敗を分けたと思う点は
「僕は名古屋の強さやスタイルを理解しているつもりです。彼らを苦しめるためには、先制点を取ることが重要だったと思う。そういう意味では、先制点を取れたことが大きい。ハーフタイムで選手たちにも話しましたが、名古屋は2点差であればどのチームよりも早くパワープレーを行う傾向にあります。後半、早い時間滞に失点をしてしまいましたが、その後に3、4点目を取ったことで相手は後半12分を残したところでパワープレーをしてきました。そう意味では、ハーフタイムに話した相手がパワープレーをしてきた場合、どういうマインドで臨むとかという点も含めて、最後は自分たちの狙い通りに進めることができました。先制点と後半の3、4点目を取れたことで、流れがこちらに来たと思います」

 

 

 

 

★田村「これからの試合でも今日の気持ちを忘れずに臨みたい」《大阪vs名古屋》

◆シュライカー大阪
田村友貴選手
――試合を振り返って
「勝てたことで安心してます。前節の府中で負けて後がない状況なので、これからの試合でも今日の気持ちを忘れずに臨みたい。選手たちが持っている武器を最大限に出せるよう頑張っていきたいと思います」

 

 

 

★ペドロ・コスタ監督「いくら気持ちを入れても逆の展開になる残念な試合でした」《大阪vs名古屋》

◆名古屋オーシャンズ
ペドロ・コスタ監督
――試合を振り返って
「今日のような試合内容で得点に繋がる試合だったのか。監督として反省する部分が多くありました。監督として、よりシビアにしっかりとした準備をしなければいけなかったと思います。責任はわたしにあると思います」

「試合は相手に主導権を握られ、失点して追う展開になりました。いくら気持ちを入れても逆の展開になる残念な試合でした。前半は自分たちのペースを作れませんでした。後半すぐに点を取ることができ、ここから自分たちのリズムを作れると思いましたが、直後に失点をしてしまったことで、流れを作れませんでした。このような課題が多く残った試合を研究して、足場を固めていきたい。またゼロから始めないといけないと感じました。次節に向け、一度リセットしたいと思います」

――今日は勝てばプレーオフ進出が決まる試合でしたが、大阪戦への対策は?
「プレーオフ進出が決まる試合だったということが、全く影響なかったとは言えません。このような試合でゆとりがあるかと言えば、そうではなかったと思います。ただ、大阪の主力選手が出場しないことで有利になったと思った点が逆効果になったかもしれない。そして、相手の若手選手は倍の気持ちを持って臨んできた結果、こちらのやりたいプレーをやらせてもらえず、勢いに飲まれてしまったと思います」

 

 

 

★星「攻守の切り替えだけでなく、気持ちの切り替えもできていなかった」《大阪vs名古屋》

◆名古屋オーシャンズ
星龍太選手
――試合を振り返って
「監督が言ったことが全て。反省すべき点は多くあります。攻守の切り替えだけでなく、気持ちの切り替えもできていなかった。ファールなども気になり100%試合に集中できていなかった。僕たちの負けた試合はそういった部分の影響があると思います」

「前回、大敗したすみだ戦の後もそのような話をしたので、一人ひとりの自覚が必要だと思います。1週間で修正できるかはわかりませんが、今日の敗戦は良い薬になったので、ここからまたチームがひとつになればと思います。ただ、リーグは後半戦に入っています。このような試合はもうしたくないですし、王者に返り咲くことを思い出して1試合1試合を戦っていくしかないと思います」

 

 

引用元:Fリーグモバイル http://sp.f-lg.jp/news/list?page=0