★大分、2度のリードを守りきれず…2位・すみだが意地を見せつけドロー!《すみだvs大分》

▽20日に墨田区総合体育館でDUARIG Fリーグ2017/2018第25節のフウガドールすみだvsバサジィ大分が行われ、2-2で引き分けに終わった。

▽代表戦のため約3週間ぶりの開催となったFリーグ。前節の府中アスレティックFC戦を3-0で勝利して6連勝中のすみだが、ペスカドーラ町田戦を0-4で敗れて2試合勝利がない大分をホームに迎えた。

▽試合はホームのすみだが清水和、渡井がシュートを放つなど立ち上がりから大分ゴールを脅かす。対する大分も原田がミドルシュートで対抗する。

▽直後、大分が一瞬の隙から先制する。左サイドで落としを受けた仁部屋がシュート。ボックス中央で待ち構えていた森村が左足ヒールで合わせ、GK矢澤の股を抜いてゴールに流し込んだ。

▽先制点を許したすみだだったが、今日22歳の誕生日を迎えた男が試合を振り出しに戻す。4分、敵陣中央左で相手のクリアボールをカットし、右足を振り抜く。これがゴール左隅へと突き刺さった。

▽同点に追いついたすみだはその後、清水和とボラを中心とした攻撃で大分を押し込み始める。前線からのプレスもハマり出すと、9分にハーフウェイライン付近左でボールを奪った宮崎がボックス手前まで持ち込んで右足でシュートを放つも、ゴール左へと外れる。

▽すみだの攻勢に苦しめられる大分だが、次第に応戦し出す。11分、森村のパスを受けた熊谷が敵陣中央からスルーパス。走り込んだ白方がボックス手前からシュートを放つも、GK矢澤の攻守に阻まれる。さらに15分にも田村龍のパスを受けた藤川がボックス手前からシュートを放つなど、すみだを押し込み始める。

▽対するすみだは両サイドから大分ゴールを目指し、コーナー付近まで侵攻するが、中央を固める大分ディフェンスの前にシュートまで持ち込むことができない。

▽18分には田村研が白方とのワンツーで右サイドを突破。ボックス左手前へのクロスを原田がGK矢澤を交わしてシュートを試みたが、決めきることができない。さらに原田は直後、左サイドでパスを受けてマルセイユルーレットから右足を振り抜いたが、ここもGK矢澤が立ちはだかり、勝ち越し点を奪うことができない。

▽1-1で試合を折り返すと、両者の攻防は激しさを増す。22分、GK尾関のフィードをボックス内に走り込んだ原田が巧みなトラップからシュート。ここはGK矢澤がセーブする。対するすみだは左サイドから清水が切れ込みシュートを放つも決めきることができない。

▽すると大分は24分、カウンターから勝ち越しに成功する。田村龍のドリブルから右サイドの白方が折り返しが相手のオウンゴールを誘発した。

▽勝ち越しを許したすみだはすぐさま攻勢に転じる。迎えた27分、清水和が最終ラインでボラに預けてボックス右手前に走り出し、ボラからのリターンを右足でゴールに突き刺した。

▽再び試合を振り出しに戻したすみだは29分、カウンターを仕掛けようとした大分の攻撃を栗本が寸断。そのまま右サイドにラストパスを出し、清水和がシュートを放つも、GK尾関のファインセーブに防がれてしまう。

▽追いつかれて以降、押し込まれる展開が続く大分は33分、右サイドでパスを受けた森村が縦への仕掛けから右足を振り抜くとこれがクロスバーに直撃。さらに左CKから田村研のパスを受けた田村龍がシュートを放つも今度はGK矢澤がセーブする。

▽流れを引き寄せつつある大分は37分、左サイドからの白方の強引に入れたクロスがボックス右の森村に渡る。これをワンフェイント入れてシュートを放つも相手DFのスライディングに阻まれる。

▽逆転したいすみだは終盤に大分を押し込む。まずは38分、渡井のパスを受けたボラが左サイドを突破してループシュートを放つ。GK尾関の意表を突くもこれは左サイドネット。さらに39分、再びボラがボックス右外でパスを受けてカットインから左足を振り抜いたが、GK尾関の牙城を崩せず。

▽その後、両者共に激しくゴールに迫ったが、どちらにもゴールは生まれずそのまま試合終了。2-2で勝ち点1を分け合った。

 

 

引用元:Fリーグモバイル http://sp.f-lg.jp/news/view?news_no=294380&page=0