★首位の名古屋が八木ハット含む計10発で北海道に爆勝《名古屋vs北海道》

▽19日に武田テバオーシャンアリーナで行われたDUARIG Fリーグ2017/2018第25節の名古屋オーシャンズvsエスポラーダ北海道は、ホームの名古屋が10-2で勝利した。

▽中断明け最初の試合。4連勝で首位独走態勢を築く名古屋が8試合で白星から遠ざかる8位の北海道をホームで迎え撃った。

▽試合は3分、酒井のゴールでアウェイの北海道がまず先制。だが、6分にラファの一発ですぐさま追いついた名古屋は、20分に八木が値千金の勝ち越しゴールを挙げ、前半のうちに逆転する。

▽しっかりと試合の形勢をひっくり返して後半を迎えた名古屋は、ここから怒涛のラッシュをかける。26分にヴァルチーニョ、27分にルイジーニョが立て続けに一発。一気に北海道を突き放す。

▽28分に神に反撃弾を許した名古屋だが、30分から終盤にかけても安藤、ルイジーニョ、八木、平田ネトアントニオマサノリ、橋本による怒涛の8発。結局、名古屋が八木の3発含む10ゴールで北海道を寄せ付けず、5連勝を飾った。

 

 

引用元:Fリーグモバイル http://sp.f-lg.jp/news/view?news_no=294276&page=0