1:2016/03/16(水) 18:14:54.21 ID:
日本フットサル界が抱くことになる喪失感は、かつてなく大きなものになるだろう。

 東日本大震災発生から、ちょうど5年が経過した2016年3月11日、公益財団法人日本サッカー協会は
フットサル日本代表ミゲル・ロドリゴ監督の退任会見を開いた。

 7年間にわたってフットサル日本代表を率いたスペイン人監督は、2012年、2014年のAFCフットサル選手権
(アジア選手権)で初めて日本代表を大会連覇に導いた。そして2012年にタイで開催された
FIFAフットサルワールドカップでは、横浜FCのFW三浦知良を招集して大きな注目を集めた上で、
ブラジル代表、ポルトガル代表といった強豪と同居した“死のグループ”を突破。史上初のベスト16入りという目標を達成した。

 また、サッカーのS級ライセンス講習会でフットサルの講義、実技を行うなど、講習会、
講演会で多くの日本人指導者に自らの経験を伝え、交流を持った。そしてフットサルの指導者ライセンス整備、
さらにはジュニアカテゴリーのルール改定にも携わってきた。

 育成年代のサッカー選手育成にも影響を与え、サッカー指導者におけるフットサルの立場向上にも
大きな役割を果たしたミゲル。今年2月に開催されたアジア選手権までは、すべてが順風満帆に進んでいた。

 3連覇が期待された同大会を前に行われた壮行試合のコロンビア代表との2連戦でもフットサル日本代表は連勝を飾り、
意気揚々と大会の開催地であるウズベキスタンへ飛んだ。過去13回開催されたアジア選手権で、
日本代表は一度もベスト4進出を逃したことはなく、日本がアジアに与えられた5つのW杯出場枠のうち、
一つを手にすることは大勢の予想だった。

 カタール、クウェート、オーストラリアと対戦したグループステージを3連勝で終えた日本は、準々決勝で
ベトナム代表と対戦。昨年12月時点での世界ランクは日本が10位、対するベトナムは50位と格下相手の一戦だった。
昨年に二度行われた練習試合では日本が2-1、7-2で連勝。この試合でも日本の勝利は確実視されており、
実際に試合も常に日本代表が先手を取る展開となった。しかし、3-2で迎えた試合終盤に同点ゴールを決められ、
延長戦に入ってしまう。その延長戦でも日本はエースのFP森岡薫(名古屋オーシャンズ)のこの試合2点目となる
ゴールで3度目のリードを奪ったが、このリードも守り切れず。PK戦の末に1-3で敗れてしまった。

 この結果、日本は5位を争うプレーオフに進むことになった。3連覇の夢が途絶えた日本は、
ベトナム戦翌日のプレーオフ1回戦でキルギスタン代表と対戦し、この試合も2-6で敗戦。
W杯の連続出場記録を「3」で止めてしまった。

 本来、この原稿が出るタイミングでも、フットサル日本代表はコロンビアで開催されるW杯に向けて
準備を続けているはずだった。当初の予定では3月17日から4月1日まではスペイン遠征が予定されていたが、
予選敗退を受けて強化プランは白紙となった。さらにミゲル自身の契約も「W杯に出場できなかった場合は
2月末日まで」という条項があったため、大会終了と同時に契約満了となった。

 ミゲルに監督を続投してもらうべきなのか。それとも契約どおりに退任させるべきなのか。
誰もが予想すらしていなかった予選結果を受けて、意見は割れた。ミゲルに直接指導を受けていた
日本代表選手や講習会などを受講していた指導者の多くは、続投を支持していた。ミゲルから得られるものがまだまだあり、
この先さらに日本のフットサル界を高みに導いてくれるという期待感を持っていた。

 だが、これまでマリーニョ氏や木村和司氏(ともに現サッカー解説者)が率いていた時代を含め、
アジア選手権で4強入りを逃したことがなかったチームに、初の汚点を付けた監督に続投を要請することは、
今後の監督人事を考えてもあり得なかった。とはいえ、歴代の監督以上に様々な役割を果たしていただけに、
別の役職に就いてもらうこともできただろう。だが、ミゲルの下に日本サッカー協会やFリーグクラブから
仕事のオファーは届かなかったという。

 ミゲルが不在となることで最も大きな打撃を受けるのは、コーチングライセンス制度作りの部分だろう。
退任会見の席でミゲルは「(ライセンス制度の)すべてを作り切ったわけではありません。まだ足りないところがあります。
すでに稼働し始めていることもありますし、私からも意見や助言をさせていただいています」と説明した。

続きは↓の記事から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160316-00411633-soccerk-socc
 
2:2016/03/16(水) 18:18:30.34 ID:
なでしこは澤
フットサルは木暮

精神的支柱がいなくなってチーム瓦解したな
あとミゲル最後の最後にテンパってしまった
 
4:2016/03/16(水) 18:21:14.98 ID:
天正遣欧使節団みたいな名前だな

前世は宣教師
 
7:2016/03/16(水) 18:31:24.71 ID:
フットサルもJFA管轄なのかな?
代表監督で7年かぁ・・・まぁ女子代表も8年くらいだったしなり手と
いうかやはり指導者不足な面が有るから長期政権になり易いのかねぇ
わざわざ海外からの招聘だし、マイナーなフットサルでも代表監督は
年俸3000万くらいは貰えるんだろうか・・
9:2016/03/16(水) 18:35:00.46 ID:
協会に入って強化を担当してもらえよ
何でもかんでもトップカテの代表監督人事が唯一で最重要てわけじゃないんだぞ
 
10:2016/03/16(水) 18:38:17.99 ID:
この人、国営の子供に短期間コーチングする番組に出た人だよな

素晴らしい指導力だった

あの指導力を是非次世代に活かして貰いたい
 
11:2016/03/16(水) 18:41:11.09 ID:
金額の問題だけらしいからなあ
もったいない
 
12:2016/03/16(水) 18:43:29.71 ID:
実際問題としてJFAでフットサルに理解があってフットサルに予算をふんだんに分け与えてやれ
なんて思っている上層部は誰もいないんじゃね?
上層部じゃなければ誰かいるかな、きーちゃんぐらい?
 
13:2016/03/16(水) 18:48:39.67 ID:
一応契約の区切りって事でアクシデントによる途中解任じゃあるまいし、
次の監督の目処は立ってるんだろ
そうじゃなきゃ協会は無能の誹りは免れまい
 
15:2016/03/16(水) 18:57:21.06 ID:
3連覇狙ってこの結果だからショックだよな
 
19:2016/03/16(水) 20:15:35.13 ID:
本読んだけどやっぱり日本人と西洋人じゃ思考様式が違いすぎるんだよな
トルシエやラグビーのエディみたいに鬼軍曹タイプじゃないと上手くいかない
でもそれだと短期的にしか持たない
 
≪フットサル日本代表≫続投に意欲を示していたミゲル・ロドリゴ監督、退任へ。約7年間の指揮で日本フットサルに多大な貢献
 
 ミゲル・ロドリゴ監督退任会見
 
 
別れの手紙