★北海道に4点快勝の仙台が連敗脱出!!《北海道vs仙台》

▽28日にDUARIG Fリーグ2017/2018第24節のエスポラーダ北海道vsヴォスクオーレ仙台が小樽市総合体育館で行われ、2-4で仙台が勝利した。

▽水上選手の200ゴールまで残り2ゴールとした北海道にとっては注目の一戦。北海道ボールでスタートした試合は、開始早々の1分に動く。鋭い角度から堀内がシュートを放つと、GK坂がこれを弾くもそのままゴールネットを揺らした、仙台が先制した。

▽先制を許した北海道だが、すぐに反撃に転じる。6分、鈴木がサイドからシュートを狙うと、これが仙台のディフェンスに当たりゴールに吸い込まれた。試合を振り出しに戻した北海道は、9分にも神が仙台側の陣地の半分からシュートを狙ったが、これはポストを直撃。さらに、酒井のパスから神がボールの流れのままシュートを放ったが枠外に外れた。

▽その後は、積極的に追加点を狙う両チームの攻防が繰り広げられる。仙台は13分、ノエが強烈なシュートを放つと、GK坂の弾いたボールを堀内が詰めるがこれは再びGK坂のセーブに阻まれた。

▽15分、北海道はカウンターを仕掛けるも宮原のパスミスでボールを失うと、逆に仙台のカウンターを受ける。しかし、井上のシュートはサイドネットに外れ難を逃れた。16分に仙台が18分に北海道がタイムアウトを取り作戦を立てると、前半終了間際の19分に内野がゴールネットを揺らし、仙台が勝ち越して前半を終えた。

▽1133名の観客が見守る中迎えた後半。北海道のメンバーは酒井 宮原 山本 神 GK坂。仙台のメンバーは南本 アレックス マルロン 堀内 GK 税田となった。前半同様に両チーム共に得点のチャンスがあるものの、両守護神の牙城を崩すには至らない。

▽試合は膠着状態のまま迎えた32分、北海道が5つ目のファウルを取られると、FKにマルロンが走り抜けノエがシュートに持ち込むが、再びGK坂がシュートストップ。直後、北海道はFKのチャンスを得るも、仙台にボールを奪われるとカウンターからマルロンにゴールネットを揺らされた。

▽リードを広げられた北海道は、33分から酒井をGKに使いパワープレーを開始。すると1分後の34分、早いパス回しで後ろにいた神が強烈なシュートで2-3と点差を縮める。パワープレーで反撃ムードの高まる北海道は、神が後ろから 、そして早いパス回しから田辺がシュートを試みるも同点ゴールは奪えない。

▽北海道は36分にタイムアウトを取りパワープレー続行させる。対する仙台は、37分に神がこぼしたボールからカウンターを仕掛けたノエがシュートを放つも、いち早く戻った酒井がゴールを守る。

▽一進一退の展開は続く中、試合が動いたのは38分。北海道は水上がボールを保持しながらドリブルで仕掛けたが、これがファールの判定となり仙台が第2PKを獲得。これをノエがゴール上部に突き刺し、仙台が試合を決定付ける4点を奪った。

▽その後、最後までパスを繋げてゴールを狙った北海道だが、得点は奪えず2-4で試合終了。敵地で4ゴールを奪った仙台が、連敗脱出に成功した。

 

 

 

引用元:Fリーグモバイル http://sp.f-lg.jp/news/list?page=0