★アルトゥール不在も3発快勝! すみだを下した大阪が4連勝《すみだvs大阪》

▽24日にDUARIG Fリーグ2017/2018第18節のフウガドールすみだvsシュライカー大阪がエコパアリーナで行われ、3-0ですみだが勝利した。

▽今シーズンから初の試みとなる6クラブ共同開催は、4回目を迎えた。エコパアリーナには、J SPORTSシリーズとしてアグレミーナ浜松をはじめ、ヴォスクオーレ仙台、フウガドールすみだ、ペスカドーラ町田、名古屋オーシャンズ、シュライカー大阪が集結した。

▽2日にわたって開催されるSPORTSシリーズ2日目の第1試合では、昨日行われた前節のペスカドーラ町田戦を1-1で引き分けたすみだと、前節のヴォスクオーレ仙台戦を5-2で勝利して3連勝を飾った大阪が激突した。試合は、立ち上がりからホームのすみだがセットプレーで立て続けに大阪ゴールを脅かす。1分、宮崎からの左CKをボラがボックス手前から右足でシュート。これは対峙した相手DFの股を抜いたが、ゴール左へと逸れた。さらに2分、宮崎の右CKをボックス左で岡村が頭で合わせるも、これはGK岩永の正面に飛んでしまう。

▽序盤からすみだが累積警告でアルトゥールを欠く大阪をジワジワと押し込み始める。しかし、対する大阪もボックス付近への侵攻を許さず、シュートを打たせない。

▽序盤を過ぎると次第に大阪も応戦。8分、相井のパスを受けた小曽戸がボックス右手前から右足でシュート。さらに直後、ボックス左手前からヴィニシウスが強烈なFKを見舞うが、どちらもGK大黒に阻まれてしまう。

▽それでも流れを引き寄せつつある大阪は9分、細かいパスワークからすみだの右サイドを翻弄。最後はボックス内に入った浮き球を走り込んだ田村が左足で合わせ、ゴールネットを揺らした。

▽序盤は押し込んでいただけに悔やまれる失点を喫したすみだは反撃に出る。11分、春木の右サイドからのキックインを受けた大薗がボックス右手前から左サイドに展開。これを受けた渡井が右足ダイレクトでシュートを放つが、枠を捉えることができない。

▽先制を許して以降、思うようなリズムで攻めることができないすみだ。対する大阪は14分、ボックス手前まで相井が持ち運び、左サイドにスルーパスを送る。走り込んだ芝野がサイドラインギリギリのところで折り返し、走り込んだ佐藤が合わせたが、ゴール左へと外れてしまう。

▽その後も攻勢を続ける大阪は19分、佐藤からのロングボールをボックス右で収めたヴィニシウスがGKと一対一。しかし、ここはGK大黒の粘り強いディフェンスの前に決めきることができない。

▽後半に入ると、1点をリードする大阪がチアゴを起点とした攻撃の組み立てからすみだを畳み掛ける。24分、GK岩永のゴール前へのフィードを相手DFに先に触られるが、これにいち早く反応した芝野が頭で中央へ折り返す。これを相井が飛び込むが、決めきることができない。

▽対するすみだも26分、ボックス手前からボラが仕掛けると、これは相手DFに阻まれるも、セカントボールを拾った岡村のパスをボックス左外から宮崎がゴールを狙ったが、GK岩永に防がれる。

▽すると大阪は27分、攻勢を強めたすみだの隙を突いて追加点を奪う。ハーフウェイライン付近右サイドでヴィニシウスがボールを奪い、そのまま縦へと突破。中央への折り返しをチアゴがシュートを放ち、一度は相手DFにブロックされたが、こぼれ球を自らが押し込んだ。

▽2点差に広げられたすみだはすぐさま攻勢に転じる。28分、中盤で大薗が相手からボールをカット。これを拾った清水誠がボックス手前からトゥーキックでシュートを放つも、ゴール右へと外れる。さらに30分、パスをボックス左手前で受けた岡村を追い越した諸江がボックス左外から左足を振り抜いたが、今度はGK岩永に対処される。

▽終盤に差し掛かると、追いつきたいすみだと試合を決定付けたい大阪のカウンターの応酬となる。しかし、すみだはスピードに乗った時の攻撃の精度が悪く、ボックス付近まで攻め込むことができない。対する大阪は、しっかりとシュートまで結びつけてすみだを脅かす。大阪は33分、小曽戸のスルーパスに反応した相井が右サイドからシュートを放つが、これは右サイドネットに嫌われてしまう。

▽まず1点を返したいすみだは36分、諸江のパスを受けた清水誠が右サイドからシュート性のクロスを供給。これに春木が飛び込んだが、枠を捉えることができない。ゴールを奪うことができないすみだは直後、GKの位置に岡村を投入してパワープレーを開始。38分には諸江が、39分には大薗がミドルシュートからゴールを脅かしたが、決めきることができず。

▽すみだのパワープレーを耐え続ける大阪は40分、カウンターからヴィニシウスがGKとの一対一を制して、すみだにトドメ。3-0で勝利した大阪が3発完勝で4連勝を飾った。

 

 

★木暮監督「提示したプランを選手たちが理解をして実行してくれたからこそ得られた勝ち点3」《すみだvs大阪》

◆シュライカー大阪
▽木暮賢一郎監督
――試合を振り返って
「非常に重要なゲームで選手たちがこちらの提示したプランをトレーニング時間がゼロの中で、しっかりと理解をして実行してくれたからこそ得られた勝ち点3だと思っています。選手に対しておめでとうと言いたいです」

 

 

★須賀監督「課題もハッキリする試合がここ数試合続いている」《すみだvs大阪》

◆フウガドールすみだ
▽須賀雄大監督
――試合を振り返って
「残念な結果になってしまったのは言うまでもありません。逆に言えば、課題もハッキリする試合がここ数試合続いているので、しっかりとそこから目を逸らさずに向かい合っていくことが一番の解決策だと思っています。コツコツとやっていきたいと改めて思っています」

 

 

 

引用元:Fリーグモバイル http://sp.f-lg.jp/news/list?page=0