★シーソーゲームは両者譲らずにドロー決着《北海道vs神戸》

▽24日にDUARIG Fリーグ2017/2018第18節のエスポラーダ北海道vsデウソン神戸がべっぷアリーナで行われ、4-4のドローに終わった。

▽今シーズンからの試みとなる6クラブ共同開催が4回目を迎えた。べっぷアリーナには、AbemaTV シリーズとしてバサジィ大分をはじめ、エスポラーダ北海道、バルドラール浦安、府中アスレティックFC、湘南ベルマーレ、デウソン神戸が集結した。

▽2日目の第1試合では、前日のバサジィ大分戦に3点差を追いつかれてドローに終わった北海道と、府中アスレティックFCに大敗を喫した神戸の対戦となった。試合は、北海道が連戦の疲れを感じさせないアグレッシブな入りを見せる。しかし神戸も球際に厳しい守りを見せて、押し込まれながらも決定的な場面を作らせない。

▽すると4分、岡崎チアゴが右サイドからボールを運んでボックス右で高山に倒され、神戸がFKを獲得。すると、このチャンスで齋藤が直接叩き込んで、劣勢だった神戸が先制に成功した。

▽追いかける展開となった北海道は10分、左サイドで相手と入れ替わった宮原がそのままGKと一対一を迎えるがシュートはクロスバーを越える。神戸も11分に左のキックインから森洸が強烈なボレーシュートを放つが、クロスバーを直撃。お互いにチャンスを決め切れず、神戸は17分にカウンターで攻め込み、齋藤、藤山が当て続けにシュートを放つが、北海道も体を張ってここを凌ぎ、前半を終えた。

▽すると後半は激しい点の奪い合いとなった。まずは北海道が23分に水上とのパス交換から鈴木がゴールネットを揺らす。さらに25分には得意のカウンターから酒井がゴールを奪い、北海道が後半の早い時間帯で試合をひっくり返す。

▽しかし神戸も29分に森洸がパス交換から中央を強引に突破してシュート。これがゴールマウスに転がり、同点とする。さらに30分には左CKから川那部が強烈なボレーシュートを放つ。これはGK鶴岡の好セーブに阻まれたが、再び同じ形から川那部がボレーシュートを放つと、今度はネットを揺らし、神戸が勝ち越しに成功した。

▽北海道は37分から酒井をGKに置いたパワープレーに出ると、これが功を奏す。38分には左サイドの鈴木が入れたシュートパスに酒井が詰めて同点鶴と、39分にはカウンターから水上が得点を奪い4-3と勝ち越す。

▽神戸はすぐさま、ここまで出場していなかった稲田を入れ、GKに岡崎チアゴを投入しパワープレーに出る。迎えた39分、左サイドからの折り返しが相手のハンドを誘発してPKを獲得すると、このチャンスを森洸が決めきりまたも試合は振り出しへ。その後は勝ち越し点が生まれず、打ち合いはドロー決着となった。

 

 

★鈴村監督「最終的に勝ち切る力がまだ足りていない」《北海道vs神戸》

◆デウソン神戸
▽鈴村拓也監督
――試合を振り返って
「もう少しのところまで来ましたが、逆転されたことは非常にもったいないです。そこからよく追いつき、最後のパワープレー返しが決まればという思いもあります。勝てなかったですが、少しずつ勝ちに近づいています。リードしながら追いつかれて、再逆転できるところで最終的に勝ち切るための力はまだ足りていません」

――勝ち点を拾った印象か落とした印象か
「最後の2分で入り乱れました。落としたと思っていましたがPKで拾えたとも思います。あそこで取れたことは良かったです。今はどちらかとの整理はついていないです。もちろん勝ち点3を目指して戦った中で取りたかった思いが強いです。最後の最後では追いつけたので取れたとも思います。落としたというのはあれですが、勝ちたかったと思います」

 

 

★小野寺監督「細かな部分で甘さがある」《北海道vs神戸》

◆エスポラーダ北海道
▽小野寺隆彦監督
――試合を振り返って
「2日間続けて最後で同点に追いつかれるスッキリしない終わり方でした。個人的に感情的な部分で難しいところがありますが、負けそうな試合をひっくり返せたとも思います。この2試合しっかり戦えました。10月はホームが多いので、今日の試合も無駄にはならないでしょう。ただ、細かな部分で甘さがあります。それでも前向きに進んでいきたいと思います」

 

 

引用元:Fリーグモバイル http://sp.f-lg.jp/news/list?page=0