★王者の底力を見せ付けた大阪、3点差を追いつき大分とドロー《大阪vs大分》

▽3日にDUARIG Fリーグ2017/2018第14節のシュライカー大阪vsバサジィ大分が武田テバオーシャンアリーナで行われ、4-4のドローに終わった。

▽今シーズンから初の試みとなる6クラブ共同開催は、3回目を迎えた。武田テバオーシャンアリーナには、AbemaTVシリーズとして名古屋オーシャンズ、バルドラール浦安、ペスカドーラ町田、シュライカー大阪、デウソン神戸、バサジィ大分が集結した。

▽2日にわたって開催されるAbemaTVシリーズ2日目の第2試合では、昨日行われた第13節の名古屋オーシャンズ戦を1-3で敗れて連勝を飾ることができなかった大阪と、デウソン神戸戦を3-1で勝利して今季2勝目を挙げた大分が激突した。試合は、立ち上がりから両者激しい攻防を見せる中、大阪にボール保持を許しながら応戦する大分がシュートまでつなげる。4分、最終ラインからの森村のロングボールをゴール前の藤川がGK柿原と競り合う。そのままボールはゴールの方向へ飛ぶもゴール左に外れた。さらに5分、今度は藤川のパスを受けた森村が左サイドからシュートを放つもこれもゴール左へ逸れた。

▽対する大阪も6分、右サイドのヴィニシウスがボックス中央へスルーパス。これに走り込んだアルトゥールがスルーで流し、ボックス左の佐藤がシュート態勢に入ったが、これは相手DFに阻まれた。直後、アルトゥールがボックス右手前から右足を振り抜くと、強烈なシュートは右ポストを叩いてゴールとはならなかった。

▽先制点が欲しい大阪は、左サイドの小曽戸からのパスを受けた仁井がボックス手前やや右から右足を振り抜くも今度はバーに嫌われた。

▽苦しい時間帯を強いられる大分は、大阪に押し込まれながらも速攻からシュートまで繋げ始める。すると24分、大分が一瞬の隙から先制。森村がハーフウェイライン付近でボールを奪うと、ボックス手前まで持ち込み、ミドルシュート。これがゴール右に突き刺さった。

▽先制を許してしまった大阪だが、16分、大分が第5ファールを犯してしまい、大阪に追い風が吹く。これを契機に攻勢に出る大阪は直後、芝野のパスを受けた仁井がミドルシュート。さらに18分、左サイドの仁井がクロスを供給。これをゴール前の芝野が頭で合わせたが、どちらも決めきることができない。

▽1-0で試合を折り返すと後半、大分が攻勢を強める。すると23分、敵陣中央やや右で受けた森村が中央へ切れ込み、左足を一閃。強烈なシュートはゴール左上隅へと突き刺さった。このゴールで勢いに乗った大分は25分、ハーフウェイライン付近左でパスを受けた藤川が巧みなトラップでアルトゥールの転倒を誘発。そのまま左サイドを駆け上がり、GK柿原との一対一を制した。

▽試合を3-0にされた大阪は反撃に出る。25分、最終ラインでボールを持ったアルトゥールがキックフェイントを織り交ぜたドリブルで右サイドに流れて中央へクロス。これをヴィニシウスが流し込んで1点を返す。

▽それでも大分の勢いは止まらない。27分、敵陣中央右でFKを獲得すると、キッカーの白方が右足を思い切り振り抜く。低い弾道のシュートは壁の左をすり抜けてゴール左隅へと吸い込まれた。

▽またも3点差に引き離された大阪はその後、ヴィニシウスとアルトゥールが積極的にゴール前に走り込み攻勢を強めるが、相手のシュートブロックに苦しみ追い上げることができない。それでも32分、アルトゥールのパスを左サイドで受けた相井が高速シザースから中央へ切れ込み右足を振り抜く。ボールはニアサイドを射抜いた。

▽2点差に詰め寄った大阪はその後、GKに小曽戸を投入してパワープレーを開始。しかし、シュートまで持ち込むも、大分の粘りのディフェンスの前にゴールを奪うことができない。それでも攻勢を続けると38分、ボックス右手前でパスを受けたアルトゥールが右足を振り抜く。これがボックス内の芝野に当たってゴールに吸い込まれた。

▽同点まであと1点差に詰め寄った大阪は、パワープレーを継続。すると39分、ボックス付近での細かいパス回しから敵陣中央左の相井が縦パス。これをボックス左で受けた小曽戸が右足ダイレクトで合わせる。ふわりと浮いたボールはGKのニアサイドを通過してそのままゴールに吸い込まれた。

▽土壇場で同点に追いついた大阪は、その後も猛攻を続けて逆転ゴールを狙う。しかし、最後までゴールは生まれずそのまま試合終了。合計8発の乱打戦は、大阪が終盤の2ゴールで同点に追いつきドローに終わった。

 

 

引用元:Fリーグモバイル http://sp.f-lg.jp/news/list?page=0