★府中が浜松を粉砕!! ゴールラッシュで2連戦を連勝で締めくくる!!《府中vs浜松》

▽3日にDUARIG Fリーグ2017/2018第14節の府中アスレティックFCvsアグレミーナ浜松が北海きたえーるで行われ、7-2で府中が勝利した。

▽今シーズンから初の試みとなる6クラブ共同開催が3回目を迎えた。北海きたえーるには、J SPORTSシリーズとしてエスポラーダ北海道をはじめ、ヴォスクオーレ仙台、フウガドールすみだ、府中アスレティックFC、湘南ベルマーレ、アグレミーナ浜松が集結した。

▽前日のヴォスクオーレ仙台戦で敗れている浜松と、エスポラーダ北海道を接戦の末に下した府中が対戦。試合は立ち上がりから激しく動く展開となった。まずは2分に府中が右サイド深い位置でボールを持った完山の折り返しから渡邉が蹴り込む。

▽浜松も4分に高い位置で柴田の出したパスを奪ったフィネオ・アラウージョがGK山田との一対一を制して同点とした。しかし、ここから府中が得点を重ねていく。5分には右サイドを突破した関のシュートはGK岡島が止めるも、こぼれ球をマルキーニョが押し込んで勝ち越し。

▽さらに11分には、左キックインから逆サイドの渡邉がダイレクトボレーを突き刺し、12分には左CKからゴール前の柴田が押し込んだ。15分にはボックス内の上福元が粘って後方に預けると、宮田がミドルレンジから突き刺し、府中が5-1と突き放す。

▽浜松は16分、GKを岡島から石黒にチェンジ。しかし、18分には関のシュートが決まり、前半は6-1と大差がついて終えた。

▽後半の入りから追いかける浜松が攻勢に出ると、21分には左キックインからジョン・レノンが強烈なシュートを放つ。22分には府中のバックパスから間接FKを得ると、この流れから山桐が狙うがどちらのチャンスも決めきれず。

▽すると、浜松は25分から早くも須藤をGKに置いたパワープレーに出る。しかし、28分には完山のパワープレー返しが決まって、府中が7点目を奪った。その後1度はパワープレーをやめた浜松は、31分から再びFP5人で攻め込む。フィネオ・アラウージョが個人技で仕掛けてシュートに行く場面が多く見られたが府中が集中した守りで跳ね返して行く。

▽試合終盤には中村が一矢報いるゴールを奪うが、そのまま終了を迎え、府中が大勝で2連戦を2連勝で終えた。

 

 

引用元:Fリーグモバイル http://sp.f-lg.jp/news/list?page=0