★仁部屋復帰の大分がパワープレーで粘り見せるも、すみだが快勝!!《大分vsすみだ》

▽27日にDUARIG Fリーグ2017/2018第12節のバサジィ大分vsフウガドールすみだがビーコンプラザで行われ、2-5ですみだが勝利した。

▽第1クールを終えて、1勝2分け8敗の勝ち点5で11位の大分が、6勝3分け2敗の勝ち点21で6位のすみだを迎えた一戦。大分は仁部屋が開幕戦以来となる復帰を果たした。

▽試合は12分に動きを見せる。すみだはキックインの流れから清水がシュート。これはGkがセーブするも、こぼれ球に詰めた宮崎が押し込んで、すみだが先制する。さらに15分にはサイドに流れた田口の折り返しから栗本が身体で押し込む。栗本の今季初ゴールですみだが2点目を奪った。

▽そのまま試合を折り返すと、後半もすみだが先にスコアを動かす。24分、相手ゴール前の中央でボールを奪ったボラが、フェイントからマーカーをずらしてシュート。これがネットを揺らし、すみだが3点目を奪った。さらに29分には左サイドで相手のパスを奪った宮崎がそのまま持ち込んで4点目を奪い切る。

▽苦しい状況となった大分だが、32分には山蔦が一矢報いるゴールを奪う。しかし34分には田村佳にゴールを奪われて再び4点差とされた。すると大分はタイムアウトを取り、仁部屋をGKに置いたパワープレーを開始。すると37分にはその仁部屋がネットを揺らす。しかし大分の反撃も後が続かずに試合は終了。すみだが5得点で大分に勝利した。

 

 

引用元:Fリーグモバイル http://sp.f-lg.jp/news/view?news_no=286093&page=0