★首位・名古屋、大量5発で大阪下し5連勝!《大阪vs名古屋》
▽11日にDUARIG Fリーグ2017/2018 第7節のシュライカー大阪vs名古屋オーシャンズが、岸和田市総合体育館で行われ、5-1で名古屋が勝利した。

▽試合は前半の立ち上がりから、ラファ、西谷を中心に名古屋がボールを回していく。3分にセットを交代すると、吉川、ヴァルチーニョがワンツーからチャンスを作り出す。吉川が左サイドを突破すると、そのままシュート。ボールはゴールラインギリギリのところで大阪の選手にクリアされ、これは先制点とはならず。

▽対する大阪は、アルトゥールとヴィニシウスがパスをつなぎ積極的にゴールを狙いに行く。ヴィニシウスがミドルレンジからシュートを放つが、これはポスト横を逸れて行った。7分には、相井が自陣からボールを運ぶと、左サイドを駆け上がった小曽戸へパスが通り、そのままシュート。今度はGK関口がキャッチする。さらに9分、アルトゥールがループ気味のシュートを打つもクロスバーの上を越えて行った。

▽スコアが動いたのは13分、名古屋がセットプレーのチャンスを迎えると、ルイジーニョが左から決めて先制に成功する。勢いに乗る名古屋は16分、ヴァルチーニョがカウンターからシュートを打つもこれはアルトゥールがクリア。すると18分、酒井ラファエル良男が左サイドからフリーで合わせ、名古屋が追加点を挙げて0-2で前半を終える。

▽後半開始早々、名古屋が追加点。ボールを奪うと吉川のシュートがGK柿原に当たりゴールマウスへと転がった。得点を重ねた名古屋が、試合の流れを引き寄せる。25分には、ルイジーニョ、ラファがゴール前でパスつなぎシュートを放つが、GK柿原がセーブ。30分には、ラファからボールを受けた吉川が左サイドからシュートを打つが、これは惜しくもポスト直撃した。

▽3点ビハインドの大阪は、31分に小曽戸をゴレイロの位置に入れパワープレーを開始。34分、ヴィニシウスがゴール前でシュート打つと、これをGK関口が弾き名古屋がカウンターのチャンスを迎える。最後は、西谷のシュートが決まり0-4に。大阪はパワープレーから今井のゴールで1点を返すが、39分にラファがダメ押しの5点を決め、1-5で名古屋が勝利。名古屋がアウェイで勝ち点3を獲得した。
 
 

★ペドロコスタ監督「決勝戦のような試合だった」《大阪vs名古屋》

★ペドロコスタ監督「決勝戦のような試合だった」《大阪vs名古屋》
◆名古屋オーシャンズ
▽ペドロコスタ監督
――試合を振り返って
「今日は決勝戦のような試合だったと思います。強い大阪相手に上回れたことは良かったと思いますし、選手たちにおめでとうと言いたいです。ひとつ残念なことはヴァルチーニョ選手のケガです。試合で起こったことなので仕方ないですが、次節に向けて良い準備をしていきたいです」

――前後半通してボールポゼッションも高く、試合コントロールできていたように思います。大阪戦に向けて意識して練習から取り組んだ点は?
「まず、新しい選手も含めて全員で大阪の情報を共有するため、ビデオミーティングで選手たちに相手の映像をしっかり見せることを行いました。戦術では最初に守備でできるだけ高い位置でボールを奪い、プレスをかけていくことを目標にしました」

「攻撃面では、セットプレーの練習をしてきました。今日の先制点はセットプレーからのゴールだったので、重要だったと思います。カウンターも準備をしてきましたが、今日に関してはチャンスがあった中決めきれなかったです。そこを決めていれば、もっと得点差のついた試合になったと思います。そこは課題であり、今後の修正が必要だと思います。また、パワープレーでは高い技術を持った選手が多い大阪相手に、守るのが難しい中、失点はありましたが全体的に良い仕事がをしてくれたと思います」

――次節に向けて
「今日みたいな試合をすることが一番大事。強度と謙虚さを持って戦わないといけない。順位が下のチームとの試合であっても、今日のような試合をすることが重要だと考えています」
 
 

★吉川「1試合を通して良い試合ができました」《大阪vs名古屋》

◆名古屋オーシャンズ
▽吉川智貴選手
――試合を振り返って
「自分たちが主導権を握れた試合でした。前半、大阪はカウンターからのチャンスが非常に多かったです。そこを決められていたら、このような展開にはならなかったと思います。1試合を通して良い試合ができました。パワープレーで1点は取られましたが、自分たちのゲームができたと思います。ただ、今後は自分たちが得点を取る前に、ボールの失い方やカウンターに守備の仕方などの修正はしないといけないと思っています」

――後半開始早々の得点を振り返って
「相手のキックオフで監督からこういう守備の仕方をしていこうと話がありました。その通りに僕がプレーしたら得点を取れたので、監督のスカウティングのおかげです」

――後半の早い時間帯で追加点を重ねたことで、流れを引き寄せることができましたか?
「大阪のホームということもあり0-2の状況で相手が1点を取れば、このような展開になったかわからないです。後半最初の1点目は重要だと考えていました。早い段階で得点を取れたことでラクに試合を運ぶことができました」

――次節に向けて
「僕は2年ぶりにアリーナでできる試合。すごく試合せなことだと思いますし十分に楽しみたいと思いますし、勝ちに行くだけだと思っています」
 
 

★木暮監督「自分たちの現在地を知ることができた試合」《大阪vs名古屋》

◆シュライカー大阪
▽木暮賢一郎監督
――試合を振り返って
「負けたのは悔しいですが、名古屋がこれまで培ってきたチームとしての強さが戻ってきたと感じました。相手が素晴らしかった。力関係を含め、自分たちの現在地を知ることができた試合になったと思います。この試合の分析をして、チームがより良くなるきっかけにしたいと思います」

――後半は安定感に欠ける内容だった印象ですが、今日の試合では何が必要だったか
「メンバー構成、力関係や選手のスペック、名古屋は間違いなく今シーズンナンバーワンの戦力。名古屋の方が多少ポゼッションがあったり、警戒しないといけない選手が多かったり、それらは想定していました。しかし、0-0、0-1までの時間帯は相手のプレッシャーを回避することができていたと思いますし、印象としては拮抗していた内容でした。AFCフットサルクラブ選手権でのチョンブリ戦、イラン戦でもスコアが動くまではすごく良い試合ができていました。今日の試合でも上手く進めていたが、このようなレベルの高い試合ではエラーの少ないチームが勝つ。僕たちはベトナムでの試合も含めて学んでいる途中です。昨年まではこちらが相手のエラーをついてイニシアチブを取れたゲームが多かったですが、今は僕らがエラーを拾えず、与えてしまう。エラーをなくすのは簡単ではないですが、細部こだわってプレーすることが一番大事だと思っています」

――AFCフットサルクラブ選手権で得たことを出せたか?
「初めてクラブとして経験した国際試合で、実際に行って肌で感じたこと、悔しい思いをしたり、自信になったりしたことをFリーグで示さないといけないです。そういう意味で、今日の試合ではまだ出し切れていない部分がありました」

――次節に向けて
「勝つことがどれだけ大事なことなのか、僕たちは身に染みて知っているし勝つことで次のレベルに進めるので、町田戦では勝利したいと思います」
 
 

★アルトゥール「後半はこれまでのキャリアの中で一番うまくできなかった」《大阪vs名古屋》

◆シュライカー大阪
▽アルトゥール選手
――試合振り返って
「強度の高い試合でした。前半はチーム全体で良いプレーができていましたが、僕自身のプレーを振り返ると、後半はこれまでのキャリアの中で一番うまくできなかったです。難しい心境ではあります」

――前半は何度も相手の決定を潰していましたが、決定力のある相手に警戒した点は?
「名古屋のメンバーは世界レベルで特に今シーズンは良い選手たちと契約をしています。一人二人を警戒すればよいということではありません。チーム全体として注意を向けないといけないと思っていました」
引用元:Fリーグモバイル http://sp.f-lg.jp/news/list?page=0