★昨季王者・大阪が好調・湘南を8発粉砕で4連勝! 湘南は首位陥落…《湘南vs大阪》

▽6日にDUARIG Fリーグ2017/2018第10節の湘南ベルマーレvsシュライカー大阪が小田原アリーナで行われ、8-3で大阪が勝利した。

▽今シーズンから初の試みとなる6クラブ共同開催も2回目を迎えた。小田原アリーナには、J SPORTSシリーズとして湘南ベルマーレ、フウガドールすみだ、名古屋オーシャンズ、アグレミーナ浜松、ヴォスクオーレ仙台、シュライカー大阪が集結した。

▽2日にわたって開催されるJ SPORTSシリーズ2日目の第3試合では、昨日行われた前節のアグレミーナ浜松戦を4-2の白星でクラブ史上初の6連勝を飾った湘南と、ヴォスクオーレ仙台戦を8-2の大勝で3連勝を飾った大阪が激突した。今シーズン開幕から好調を維持し、首位をキープする湘南と、昨シーズン王者・大阪の注目の一戦は、序盤から球際の激しい試合となる。大阪は4分、GK柿原からのスローを敵陣右サイド深い位置で収めた相井がボレーシュート。これはGKフィウーザがセーブする。対する湘南も植松のパスを受けた内村がボックス左外から中央へ浮き玉を供給。これに走り込んだ浦上が右足を合わせるも、GK柿原に阻まれてしまう。

▽立ち上がりから一進一退の攻防を繰り広げられると、大阪は5分、自陣から田村がカウンターで持ち上がり、左サイドに展開。これを堀米がダイレクトでクロスを送り、ファーサイドに走り込んだ相井が合わせるも、これはゴール右へ外れてしまう。

▽湘南は7分、ビッグチャンスを迎える。大阪の芝野が下げたボールがパスミスになると、これを見逃さなかった林田フェリペ良孝が右サイドでGKと一対一に。しかし、2度のシュートを柿原に止められて、絶好機を不意にしてしまう。

▽前半から一瞬の気も抜けない試合を展開する両者。しかし、11分、大阪が待望の先制点を奪う。堀米からの左CKを受けた田村がボックス手前からシュートを放つと、ゴール左下隅へと吸い込まれた。

▽このゴールで勢いに乗る大阪は14分、アルトゥールがボックス手前に侵攻し、相手DFと混戦になると、ボールはボックス左へ。これを一度は飛び出したGKフィウーザにクリアされるも、これを拾った佐藤が無人のゴールを狙う。しかし、これはわずかにゴール右へと外れた。

▽若干押し込まれる時間帯が続く湘南だったが、一瞬の隙から試合を振り出しに戻す。15分、敵陣右サイド深い位置で植松が粘り強くキープすると、強引にクロスを供給。すると、これがボックス手前へと抜け、待ち構えていた鍛代が右足でゴール左へと突き刺した。

▽試合が振り出しに戻ると、両者一気にヒートアップ。また、大阪のヴィニシウス、アルトゥールがボールを持てば、すかさず会場内の湘南サポーターからブーイングが響き渡る。

▽すると大阪は19分、思わぬチャンスを得る。左サイドで内村のファールを誘うと、これが湘南の第5ファールに。さらに、これに口を出したGKフィウーザの行為で第6ファールとなり、大阪は第2PKを得る。しかし、キッカーのアルトゥールが左足を振り抜いたが、ボールはゴールの左を逸れた。

▽1-1で迎えた後半、ホームの湘南が一気に攻勢を強める。開始直後、内村がカウンターから持ち上がり、右サイドにスルーパス。これに植松がフリーで飛び込むが、GK柿原の好判断な飛び出しに阻まれてしまう。

▽後半立ち上がりに押し込まれる大阪。しかし、25分、中盤での球際から芝野がセカンドでボールを拾うと、そのまま左サイドへと広がり、中央へ折り返す。これをフリーのポジションにとっていた田村がゴールに押し込んだ。さらに26分、相井からのパスを受けたアルトゥールがボックス右に侵攻し、右足を振り抜く。これは相手DFに当たるも、ゴール前への浮き玉となったこぼれ球を相井が頭で押し込んだ。

▽立て続けに得点を奪われ、2点差とされた湘南はここから猛攻を仕掛ける。28分、敵陣中央右でFKを獲得すると、ロドリゴがパスがパスを選択。一度は相手DFに跳ね返されるも、ゴール前にこぼれたボールを本田真琉虎洲がボレーで合わせるが、ゴール右に外れる。さらに30分、敵陣中央で植松がチェックに行くと、ルーズボールを拾った本田真琉虎洲がGK柿原と一対一になる。しかし、決めきることができない。

▽苦しい時間帯が続く大阪だったが32分、敵陣中央でヴィニシウスがボールを持つと、巧みなドリブルでボックス右手前まで侵攻し、右足を振り抜く。これがゴール左隅へと突き刺さった。さらに34分、アルトゥールからの縦パスを受けた相井がボックス手前で2度のキックフェイントで相手DFを剥がす。そのまま左足を振り抜いて、追加点を奪った。

▽一気に点差が4に広げられた湘南は直後、鍛代をGKの位置に投入し、パワープレーを開始。すると36分、刈込のパスを受けた鍛代が右サイドからクロスを供給。これを受けた本田真琉虎洲がボックス右から右足で左サイドネットにゴールを決めた。

▽その後もパワープレーで得点を奪いにくる湘南に対して、大阪が突き放しにかかる。すると36分、パスカットした堀米がパワープレー返し。さらに直後にも自陣でボールを奪った堀米からパスを受けた田村がゴールネットを揺らし、試合を7-2にする。

▽37分にも小曽戸パワープレー返しを決めた大阪は試合終了間際、ロドリゴにゴールネットを揺らされたが、そのまま試合終了。田村のハットトリックなど計8ゴールを挙げた名古屋が好調・湘南を撃破し、4連勝を飾った。一方、湘南は首位陥落となった。

 

 

 

 ★奥村監督「パワープレー返しは勝負に出た部分なので仕方ない」《湘南vs大阪》

◆湘南ベルマーレ
▽奥村敬人監督
――前半は1対1で折り返した中で、後半一気に畳み掛けられたが
「言ってしまえば我慢比べです。厳しい時に正確な技術が必要で、それが相手の方が上回っていました。パワープレー返しのところはしょうがない訳ではないですけど、勝負に出た部分なので、仕方ないかなと思います。その前にウチもチャンスがあった中で、相手が決めきることができるという部分がさすがチャンピオンだなと思いました。名古屋、大阪はそこの部分が全然違います。今までは我慢して我慢して先に点を獲れていたところで、名古屋と大阪はそうはさせてくれないというところだと思います」

――ゲームプランは
「マンツーマンですね。前半はプラン通りいっていて、後半も途中まではうまくいっていました。体力的にどうかなと思ってはいましたけど、相手にいる経験のある外国人選手についていけなかった部分があって、途中で変えました。さすがです。体力的なところを経験で翻弄されました。ただ、負けて言うのもなんなんですけど、観ていて楽しかったです。選手たちも極限の中で勝負していましたし、選手がレベルアップできる一番の環境なのかなと思いました」

――今日の結果に対してポイントとなった部分は
「3失点目です。相井選手にヘディングで決められた場面です。刈込は押されたというアピールをしていましたけど、そこを制することが勝負所だったのかなと思います。相手を吹き飛ばしてでも自分が止めるという部分で相手の気迫が勝っていました。そこで、自分たちが少し気持ち的にも下がってしまったかなと思います」

――第2クールはどういう戦いを予想しているか
「自分たちもまだまだコンビネーションも戦術も新しく入ってきた選手たちへの浸透度が低いです。自分たちもまだまだレベルアップできると思います。警戒された中でも打ち勝つ個の部分や戦術をチームの中で浸透できたら良いのかなと思います。走り負けていないなというのは11試合やって感じています。そこの部分は磨きをかけていかなくてはいけないと思います。あとは控えのメンバーが出場した時にどれだけやれるかだと思います。チーム全体の層を厚くすることも大事だと思います」

 

 

★木暮監督「海外のダービーマッチのような雰囲気が出ていた」《湘南vs大阪》

◆シュライカー大阪
▽木暮賢一郎監督
――試合を振り返って
「まず、今回のゲームにおいて、AFCでの疲労や精神的なものが少なからずありました。リーグの順位で言えば、僕らよりも今日の湘南の方が上で、勝たなくてはいけないと思っていました。アウェイを感じるピッチでもありました。簡単なシチュエーションではなかったです」

「ただ、試合前にも選手たちには、今の自分たちの状況に火をつけるには良いシチュエーションだというのは伝えていました。そういうのを踏まえた上で激しいゲームになり、タフなゲームになりました。内容云々ではなく、今日の試合は海外のダービーマッチのような雰囲気が出ていて、そういうタフなゲームをモノにできたことは良かったと思います」

――AFCを終えて、選手の変化はあったか
「人間ですから、大きな困難や悔しい思いという一見ネガティブな要因が次のステップに行くための大きなパワーの源になることは間違いないです。誰もベスト8行ったからとか、チョンブリと良いゲームをしたからということで満足している選手は誰一人いないです。悔しい思いをして帰ってきています」

「ただ、チームとしては苦しみや2週間という間一緒に生活するということがFリーグはなかなかないですから、そういった所で芽生えたお互いをよく知るとか悔しい気持ちを共有しようとする所は必ずチームにとって財産になります。タフになった部分の片鱗はこの2試合で見えてきたのかなと思います」

――リーグ1位を取るには名古屋を上回らなくてはいけないが
「このリーグは世界で見ても勝ち点を年間80点以上取らないと1位になれないハードルの高いリーグです。それは、スペクタクルとかレベルが高いということではなくて、置かれている状況で年間1位を取るにはノルマが高いリーグです。27勝して、勝ち点が81です。33試合のうち27勝しなくてはいけないというのは、6試合しか落とせないということです。名古屋との直接対決は3試合ですから、万が一3試合落としたとしても、勝ち点81を獲るという意味に関しては、十分可能です」

「どの道、プレーオフにおいては名古屋に勝たなくてはいけないですし、いつ勝つかが重要になります。リーグ1位を獲るためには、名古屋に3敗しようが、僕はいけると思っています。名古屋以外に全部勝てば勝ち点81に届くわけですから。ただ、プレーオフでは勝たなくてはいけません。次は1回目の対戦ですし、そういう意味では楽しみですね」

「もう一つは、自分も名古屋に所属していましたし、監督としてリーグを何度もスカウティングしている面で言うと、名古屋は勝ち点を最も落とさない可能性もあるメンバーです。先ほど言ったことと真逆になるかもしれないですけど、僕らが彼らに3連敗しても勝ち点81を獲ることが可能です。でもそれは過去からの平均値の話です。今年、名古屋が勝ち点90以上獲る可能性もあります。そうすると、直接対決で僕らが落とすポイントが多いと、先ほど話した論理は成り立ちません」

「その二つの局面を見ていかなくてはいけないので、どう3試合の直接対決にある勝ち点9を僕らが動かすか、名古屋が動かすのか、僕らが変えられることはそこだけなので、その部分も踏まえて奇策を打つという訳ではなく、しっかりと100パーセントでぶつかっていくということが大事になります」

「僕らはチャレンジャーでもあり、昨年チャンピオンのプライドもあります。間違いなく、今日のようにタフでより戦略的なところの対決にもなると思います。打ち合いになるかもしれないですし、ロースコアになるかもしれません。そういう大きな一戦になるのは間違いないと思います。名古屋は近年稀に見る良い状態で良い選手が集まっているそれは明白になると思います」

 

 

★田村「リーグ優勝に向けて新しい大阪を見せていきたい」《湘南vs大阪》

◆シュライカー大阪
▽田村友貫選手
――3得点を振り返って
「セットプレーの練習は結構しています。ただ、今シーズンはセットプレーでのゴールがなかなか無かった中で、1点目を決めれたのはすごく良かったかなと思います。2点目は、前からディフェンスして、(芝野)創太さんが良いパスをくれたので、落ち着いて決めることができました。感謝したいと思います。3点目はパワープレーでした」

――以前、攻撃面を伸ばしていきたいと話していたが
「自分に足りないのはオフェンスだということを前から話していて、AFCを戦いましたけど、打てるところでパスしたりすることが多かったので、AFCで自分に足りなかったものをもう一度見つめ直して、準備してきた結果が今日少し出てきたのかなと思います」

――AFCから帰ってきてどのような気持ちで今回臨んだか
「昨日が1戦目で今日が2戦目でしたけど、暮さん(木暮賢一郎)と話していて、昨日の試合は非常に難しく、まだ切り替えることができていない選手がいました。そういう中で、今日のように点差を広げて勝てたというのは大きかったです。それに今日は上位のチームでしたし、戦争だと思って戦ってやろうと話していました。次は名古屋戦なので、切り替えてリーグ優勝に向けて新しい大阪を見せていきたいです」

 

 

 

引用元:Fリーグモバイル http://sp.f-lg.jp/news/view?news_no=284458&page=0