★東京ダービーは大差で町田が府中に勝利!《町田vs府中》

▽6日にDUARIG Fリーグ2017/2018第10節、ペスカドーラ町田vs府中アスレティックFCの“東京ダービー”が町田市立総合体育館で行われ、8-2で町田が勝利した。

▽町田市立総合体育館で行われているAbemaTVシリーズ2日目最終試合は、前日のバサジィ大分戦に勝利した町田と、デウソン神戸戦に勝利した府中の東京ダービーとなった。試合は立ち上がり、自陣から丁寧にパスをつないでビルドアップしていく町田に対して、府中はハーフと前プレを使い分けて揺さぶりにかかる。

▽迎えた5分、町田は左CKのチャンスで森岡が強烈なボレーシュートを放つ。するとゴール前で混戦となり、最後は室田が押し込んで町田が先制した。勢いに乗る町田は7分、右サイドからのキックインからGK飛騨が弾いたところに宮崎が詰めて2点目。さらに、その直後にもGK飛騨と柴田が見合ってボールをこぼしたところに宮崎が詰めて一気に3点差とした。

▽一気に点差をつけられた府中だったが、9分には右サイドのキックインからゴール前の柴田がヒールで流し込んで1点を返す。しかし、町田の勢いは止まらず、15分にはカウンターから中村が決める。さらに16分、府中が5つ目のファウルを犯すと、17分には6つ目のファウルで町田が第2PKを獲得。森岡のシュートはGK飛騨が弾くも、飛騨がラインを越えていたことで蹴り直しに。しかし2度目のチャンスも盛岡のシュートは右ポストを叩いて得点とはならなかった。

▽それでも町田は前半終了間際にカウンターから篠崎がネットを揺らし、前半は5-1と町田が大きくリードして終えた。

▽後半は追いかける府中がGKを飛騨から山田に変える。立ち上がりから積極的に攻め込み、22分には柴田がポスト直撃のシュートを放つなど町田ゴールに迫る。しかしゴールを奪えないでいると、30分に山田が接触プレーで負傷。GKを飛騨に戻した府中は32分からマルキーニョをGKに置くパワープレーに入って勝負に出る。

▽しかし、この策が裏目となり、34分にはカウンターから森岡、36分には金山と立て続けに失点。試合終了間際には横江のパワープレー返しが決まって町田が8点目を奪うと、府中も上福元のゴールで1点を返すが直後に試合は終了。東京ダービーは大差で町田が勝利した。

 

 

引用元:Fリーグモバイル http://sp.f-lg.jp/news/view?news_no=284458&page=0