★原田・古巣との対決は互いに譲らずドロー《神戸vs大分》

▽21日にDUARIG Fリーグ2017/2018第7節、神戸vs大分がグリーンアリーナ神戸で行われ、1-1で引き分けた。

▽前節、名古屋に0-10で完敗した神戸が、墨田区総合体育館で大阪に敗戦した大分を迎えた一戦。この試合、原田は昨シーズンまで10年間在籍していた古巣の神戸と初めての対戦になった。

▽試合は前半開始早々から神戸の森洸がシュートを打っていくが、GK後村がキャッチする。3分、原田が投入されると、稲田とマッチアップの場面を迎える。直後には、稲田がミドルレンジからシュートを放つが、惜しくもポストを直撃した。

▽対する大分は6分、原田が落としたボールを白方がシュートも、これはGK小石峯が弾いた。15分には、ゴール前で原田が相手を背負うとタイミングを合わせた山蔦が先制点を狙いに行く。しかし、相手選手2人に挟まれシュートは打てず、互いにチャンス作るも決めきることができない。

▽スコアが動いたのは18分、大分がカウンターのチャンスを迎えると、田村が左サイドからシュート決め先制に成功。0-1で前半を終える。

▽後半に入っても互いに譲らず、立ち上がりから積極的にゴールを狙い合う。28分、神戸のカウンターから最後は森が身体ごと押し込み、試合を振り出しに戻した。直後、再びカウンターのチャンスで斎藤がシュートを打つが、これはクロスバーを超えていく。神戸が徐々に流れを引き寄せると、33分にはゴール前に藤山が飛び込むも、GK後村が阻止した。

▽同点に追いつかれた大分は、少ないチャンスで追加点を狙いに行く。35分、田村からボールを受けた原田が左サイドからシュートを放ったが、これはサイドネットを揺らすにとどまった。

▽試合終了間際には、稲田がドリブルからシュートを放つがゴールポスト横を逸れていった。結局、このまま試合は終了。両チームとも決定機でゴールを挙げることができず、1-1の引き分けに終わった。

 

 

引用元:Fリーグモバイル http://sp.f-lg.jp/news/view?news_no=283238&page=0