1: :2017/07/05(水) 15:26:26.04 ID:
サガン鳥栖は、5月27日に行われた対札幌とのホーム戦で、こんな企画を実施した。

「値段のないスタジアム」

 入場料を支払うのは試合を見終わった後で、値段は観戦者自身が満足度に応じて決めるという仕組みだ。当日、取材に行ったわけではないけれど、思わず拍手を送りたくなるハイセンスな企画だと思う。

 鳥栖スタジアム(ベストアメニティスタジアム)の収容人員24500人に対して、集まった観客は14416人。対象である2000円から3700円の席に5620人が集まり、出口に設置された料金箱には4,568,215円が集まったそうだ。

 1人平均にすると812円。微妙な数字だ。相手が下位の札幌で、スコアが1-0だったとはいえ、もう少し集まってもよかったかなという気はする。

 監督、選手は、満員の雰囲気が忘れられません。『満員のスタジアム』でもう一度戦いたいという選手の願いを叶えてくださいーーとは、クラブのHPに掲載されていた文言だが、目的が集客だけにあったとは思えない。
 
 いわゆるファンの顧客満足度について、クラブ側は常に気を配っている。よい観戦環境を提供しようと心がけている。これは、そうした宣言を同時にしたも同然なのだ。単純に、現場で見て面白いか。来てよかった、また来たいと思ってもらえたか。

 善し悪しの基準となるものに成績がある。成績とファンの満足度は概ね比例関係にある。この日、1-0だったスコアが、2-0なら812円は1000円を越えていた可能性がある。

 スタジアムも大きな要素を占める。見やすいか。見にくいか。快適空間か否か。鳥栖のスタジアムのレベルは高い。なにより上階の視角、眺望がいい。さらに言えば、アクセスもいい。収容人員がさほどではなく、代表級の国際試合ができるレベルにはないので、4つ星、5つ星スタジアムとは言えないが、知る人ぞ知る通好みの3つ星スタジアムという感じだ。

 とはいえ、毎度、足を運ぶ地元民は慣れっこになっているので、そのあたりのありがたみは伝わらない。他との比較で初めて浮き彫りになる感覚なので、そのためには全国を飛び回る必要があるが、ファンの立場でそれができる人はそう多くいない。

 さらに、サッカーそのものの中身も、満足度を推し量る上で重要なポイントになる。面白いか否か。しかし、これも相手あってのもので、相手との噛み合わせが悪ければ、いくら攻撃的でもサッカーが面白くなる保証はない。

 そもそも、面白いか否かはサッカーの場合、レベルに関係しない。レベルが高くても、面白くない試合もある。一方で、レベルが低くても、例えば少年サッカーの試合でも、思わず引きこまれる好試合がある。それがサッカーだ。

 7月2日に行われたJリーグ、柏対鹿島(2-3)は、上位対決に相応しい好試合だった。舞台となった柏日立サッカー場も盛り上がり、大岩剛、下平隆宏両監督とも、試合終了後の監督会見で、試合がよい雰囲気の下で行われたことについて言及した。

 この試合が「値段のないスタジアム」なら、観客は試合後、料金箱に一体いくら支払っただろうか。特に知りたいのは、試合に敗れた柏ファンの評価だ。その満足度がいかほどだったか知りたくなる。

 サッカーはまずまず攻撃的で、鹿島との噛み合わせもよかった。試合内容はよかったのに、敗れた。結果は出なかったが、エンタメ度は高かった。さすがに鳥栖と同レベル(812円)ということはないだろう。

 観衆は13945人。スタジアムの定員は15349人とあるが、スタジアムはすし詰めで、立錐の余地がなかった。鳥栖対札幌(14416人)より、観衆は少なかったわけだ。スタジアムの器が小さいために。

 鳥栖のスタジアムと同様にサッカー専用でもあるので、見やすいことは確かだ。臨場感も楽しめるが、両監督が触れたスタジアムの雰囲気は、小さいが故に生まれた産物だった。もう少し大きなスタジアムで見たい試合。より多くの観衆の前で行われるべき試合でもあったのだ。サッカーのレベル的に言えば。

つづく

2017年7月5日 10時27分 
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13293622/
2: :2017/07/05(水) 15:26:43.66 ID:
内部施設は手狭もいい所だ。記者席も狭い。アジアチャンピオンズリーグの試合を行うには辛いレベルにある。料金箱にお金を投入する時に、その安普請なスタンドの観戦環境に、マイナスのイメージを抱く人がいたとしても不思議はない。

 面白さ、攻撃的サッカーを伝統的に追求しているクラブと言えば、真っ先にバルセロナを想起する。ホーム「カンプノウ」の収容人員は98000人強。視角、眺望も抜群だ。大きいのに見やすい。アクセスも悪くない。少なくとも僕の感覚の中では、カンプノウで見るバルサ戦は、最も高いお金支払いたくなるものとして通っている。

 日本ではどうだろうか。最もお金を払いたくなるサッカーをしているクラブはどこか。成績の善し悪しは一目でわかるが、こちらは微妙な争いだ。その分だけ興味が湧く。ミシュランのような客観性を備えた第3者が、満足度を覆面で調査してまわり、そのエンタメ度をランキング化して欲しいものだと思う。さらに言えば、欧州でUEFAが5つ星スタジアム、4つ星スタジアムを選定しているように、日本にもスタジアムに同様な指標が欲しい。スタジアムには、レストランやホテルに似た役割がある。「値段のないスタジアム」も、そうした発想に基づいているのではないか。ウチのレストランで食べるこの料理、一体いくらの価値があるか。他のクラブも鳥栖に倣い、年1くらいで実施して欲しいものである。
 
15: :2017/07/05(水) 15:39:18.15 ID:
>>1
もっともお金を払いたくないライターもやってほしいなwwww



36: :2017/07/05(水) 16:26:54.56 ID:
>>1
お杉です
38: :2017/07/05(水) 16:32:57.30 ID:
> 当日、取材に行ったわけではないけれど、

終了

これだけ書いとけよ>>1
3: :2017/07/05(水) 15:27:41.46 ID:
あっそ
4: :2017/07/05(水) 15:29:18.48 ID:
鹿島
19: :2017/07/05(水) 15:42:35.85 ID:
>>4
ホームで弱いから去年より客減った
6: :2017/07/05(水) 15:30:37.89 ID:
記者席が狭いってそんなの知るかよw
14: :2017/07/05(水) 15:38:11.98 ID:
スタは置いといてサッカーのエンタメ度で徳島に1票
オシムジェフ、シャムスカマジックの大分以来の監督による激変が起きてる
44: :2017/07/05(水) 16:54:21.72 ID:
>>14
マフィン半分個ね
47: :2017/07/05(水) 17:04:08.68 ID:
>>44
おいやめろ
18: :2017/07/05(水) 15:42:33.92 ID:
プレスパス貰えないお杉に
記者席はもう関係ないやろ
20: :2017/07/05(水) 15:48:04.65 ID:
最もお金を払う価値のないサッカーライター
杉山茂樹
21: :2017/07/05(水) 15:48:44.11 ID:
DAZNでJ1J2見るようなって湘南のサッカーが気に入った
何となく欧州の香りがする
22: :2017/07/05(水) 15:55:55.61 ID:
>当日、取材に行ったわけではないけれど
>当日、取材に行ったわけではないけれど
>当日、取材に行ったわけではないけれど
>当日、取材に行ったわけではないけれど

Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)
23: :2017/07/05(水) 15:57:12.25 ID:
そんなことしなくても観客動員数を見れば大体の満足度は推し量れるんじゃない?
24: :2017/07/05(水) 15:58:01.65 ID:
>>23
スタジアム自体の満足度は非常に高いがアクセスが糞すぎて行く気失せるっていうカシマスタジアムなんてのもあるからな
25: :2017/07/05(水) 16:00:00.30 ID:
とりあえず陸スタのチケット代は専スタの-1000円にしろよ
29: :2017/07/05(水) 16:11:24.72 ID:
北九州かバルサかな
30: :2017/07/05(水) 16:14:10.80 ID:
バルサ大好き杉山
32: :2017/07/05(水) 16:17:06.56 ID:
記者席で見たの?
記者席って金とってないよな?
満足度0円じゃん
35: :2017/07/05(水) 16:24:54.75 ID:
世界最高峰を引き合いに出されましてもなぁ
メキシコリーグ辺りを比較対象に出してくれよ