引用元:Fリーグモバイル http://sp.f-lg.jp/news/list?page=0

 

★すみだが3度のリードを守れず、昨季王者の大阪とドロー《すみだvs大阪》

▽25日にDUARIG Fリーグ2017/2018第3節のフウガドールすみだvsシュライカー大阪が小田原アリーナで行われ、3-3のドローに終わった。

▽すみだと湘南ベルマーレ共同開催第1試合は、前節の湘南戦で破れたすみだと府中アスレティックFCに破れた大阪が激突した。互いに連敗は避けたい中で迎えた一戦は、1分に大阪が右CKの流れからアルトゥールが得意のミドルシュートを狙う。しかしここは左ポストを叩いてゴールとはならなかった。

▽すると3分、すみだは諸江が相手陣内中央でボールを持つとそこからミドルシュートを狙う。これが相手にディフレクトすると、GK柿原が守るゴールマウスを破ってすみだが先制した。しかし大阪も5分にカウンターから相手陣内にボールを運ぶと、最後はボックス右のヴィニシウスが押し込んで同点とした。

▽その後も一進一退の攻防が続く。9分には清水が左サイドでボールを受けると、アルトゥールの寄せを受ける前に反転してシュートを狙うが決めきれず。しかし10分、左サイドのキックインから宮崎、岡村とつないで最後はボラが豪快に蹴り込んで、すみだが勝ち越しに成功する。

▽またもリードを許した大阪だったが、11分に芝野がボックス内で宮崎に倒されてPKを獲得。このチャンスをチアゴが決め切って、2-2と同点に追いついた。大阪はさらに12分、チアゴ、小曽戸のパスワークで左サイドを突破。そこからシュートパスを入れるも、芝野は押し込めず。結局前半は2-2で終えた。

▽後半は立ち上がりからすみだが立て続けに決定機を迎える。21分には諸江が斜めに入れたパスがヴィニシウスに当たってゴール方向に向かうも、ポストを直撃。直後にはボラが縦に仕掛けて入れたシュートパスに岡村が飛び込むが決めきれなかった。

▽大阪も26分に堀米、チアゴとつないで右サイドから回り込んだ田村がシュートを狙うが、GK矢澤がブロック。その後はお互いにチャンスを作り出すが決めきれず、徐々に試合が膠着していった。

▽しかし36分に試合が動く。大阪の攻撃を跳ね返したすみだはカウンターから右サイドの岡村が決め切って、3度目のリードを奪う。失点した大阪は直後に今井をGKに置いたパワープレーを開始すると、39分にはその流れからヴィニシウスが同点に追いつくゴールを奪った。結局試合はそのまま3-3で終了。勝ち点1を分け合う結果に終わった。

 

 

★須賀監督「すべての局面で全力だった」《すみだvs大阪》

◆フウガドールすみだ
▽須賀雄大監督
――試合を振り返って
「チャンピオンとの試合で、持っている力を100%出し尽くすことができて互角になると思っていました。選手たちは局面含めて、すべての場面で全力だったと思います。このプレーを大阪だけでなく、残り30試合やり続けることで成長でき、結果も出ると思っています。今日のハードワークを忘れずにやっていきたいです」

――次節の向けて
「今日は勝ちたかったですが、その修正を向き合ってやることが大事だと思います。北海道は前節1-9で負けていますがホームでは手ごわいチームです。開幕のような気持ち、勝たなければいけないメンタリティでトレーニングしていきたいと思います」

 

 

★諸江「どうすれば勝ち点3を奪えたか」《すみだvs大阪》

◆フウガドールすみだ
▽諸江剣語選手
――試合を振り返って
「前半のファウルトラブルで苦しい時間続きましたが、矢澤を中心に第2PK与えずに戦えました。この結果を良しとせず、どうすれば勝ち点3奪えたかを考えて修正してやりたいです」

――次節の向けて
「今、欲しいのは勝ち点3で、何が何でも取れるように死に物狂いでやりたいと思います」

 

 

★木暮監督「真の強さを手に入れるための苦しい時期」《すみだvs大阪》

◆シュライカー大阪
▽木暮健一郎監督
――試合を振り返って
「前節同様に、ゲーム自体は支配している時間長くチャンスの数も多いものでした。ただ、細かな部分で支配しきれず、スコアの部分ではアンラッキーもあり、そうなると苦しいです。試合を支配しきれなかったことが勝ち点1に繋がった要因だと思います。プレッシャーもあり、1つ2つの結果で厳しく見られるのはわかっています。それをはねのける真の強さを手に入れる苦しい時期だと思っていますが、これを乗り越えていきたいです」

――次節に向けて
「開幕3試合で勝ち点4は、もちろん連覇を狙う上で難しいです。このリーグは年間で勝ち点80は必要としています。世界で見ても過酷なリーグです。スペイン、ブラジルなどよりも過酷な状況です。置かれている状況、リーグの状況で勝ち点5を落としたのは痛いです。ただ、昨年も最初から良かったわけではないですし、そこはしっかりと切り替えて、リーグ1位になるために課題を修正していきたいと思います」

 

 

★アルトゥール「もう一度目を覚まさないといけない」《すみだvs大阪》

◆シュライカー大阪
▽アルトゥール選手
――試合を振り返って
「昨年と違い、ゲームをコントロールする、支配するところが足りていないです。チームとしてもっと目覚める、このリーグにおいてもう一度目を覚まさないといけないと思います」

――昨シーズンよりも自身に対するマークが厳しくなっているように感じるが
「もちろん、それは普通のことで、我々は昨年のチャンピオンです。相手は、去年の試合や今年の試合を見て、どこにストロングポイントがあるか研究してくるものです。そうはいえ、府中戦も今日もチャンスはありました。運の部分か流れの部分か。そこが影響しているかもしれないですが、ゴールを決めることが足りないです」

――次節の向けて
「次節に向けては、ここ2試合は勝てていないので、まずは勝つために良いトレーニングすること。勝利するための準備をしていきたいと思います」