引用元:Fリーグモバイル http://sp.f-lg.jp/news/list?page=0

 

★粘る府中が土壇場でドローに持ち込む!! 浦安は高橋体制初勝利を逃す…《浦安vs府中》

▽24日にDUARIG Fリーグ2017/2018第3節、バルドラール浦安vs府中アスレティックFCの“関東ダービー”が浦安市総合体育館で行われ、4-4の引き分けに終わった。

▽前節、ペスカドーラ町田との関東ダービーで2点のビハインドを負いながらも、試合終盤に野村のゴールでドローに持ち込んだ浦安と、昨年の王者であるシュライカー大阪を相手に常にリードを奪い、今季初勝利を手にした府中のダービーマッチとなった。

▽両チームの応援団が大きな声援を送る中で迎えた一戦は、開始早々の1分に動きを見せる。浦安の攻撃を抑えた府中はカウンターを仕掛けるもやや時間がかかってしまう。すると皆本が低い位置から一気に鋭い斜めのパスを入れると、これを渡邉がヒールで流し込んで府中が先制した。

▽勢いに乗る府中は2分にも右CKから柴田がシュートを放っていくが、ここはGK藤原がセーブ。浦安も3分に左CKから荒牧がボレーシュートを狙うが、決めきれず。その後もお互いに前線から素早くプレスを仕掛けて主導権の奪い合いが続いた。

▽迎えた8分、府中は先制点と同様の場面を作り出し、今度は宮田が斜めに入れたボールを、再び渡邉が狙う。しかし今度はうまく当てられず追加点を奪えない。すると浦安は9分、府中陣内でボールを奪った星が左サイドから狙うと、ボールが逆のサイドネットに収まり試合を振り出しとした。

▽浦安は9分にもチャンスを迎えたが、抜け出した加藤がGKクロモトと一対一となりながらも、かわしに行ったところをクロモトに防がれてしまう。それでも15分、左CKのチャンスでゴール前に入り込んだ野村が勝ち越しゴールを奪い、浦安は2-1として前半を終えた。

▽迎えた後半は点の奪い合いとなる。22分には高い位置で皆本のパスを奪った加藤がドリブルからキックフェイントで、スライディングに来た皆本をかわしてシュート。これがゴールネットを揺らして浦安が3-1とリードを広げる。しかし府中も頼れるキャプテンが自身のミスを帳消しとする。23分に、皆本が高い位置でボールを奪いドリブルで運んでシュート。これはGK藤原に防がれるが、こぼれ球を花嶋が押し込んだ。

▽浦安は25分、右CKからディドゥダの右足が炸裂。豪快に蹴り込んで再びリードを2点とする。しかし府中も28分に左サイドで縦に仕掛けた皆本が強引にシュートをねじ込んで、4-3となった。

▽その後も両チーム共に譲らず試合は終盤へ。追いかける府中は残り3分15秒から柴田をGKに置いたパワープレーに出ると、39分に左サイドの渡邉が入れたシュートパスをセグンドで上福元がプッシュ。府中がついに試合を振り出しに戻した。

▽追いつかれた浦安は失点直後から星をGKに置いたパワープレーに出る。お互いに勝ち越しゴールを目指して攻め合うが決着がつかずに試合は終了。府中が土壇場でドローに持ち込み勝ち点1をもぎ取った。

 

 

★谷本監督「この勝ち点1を無駄にしないように」《浦安vs府中》

◆府中アスレティックFC
▽谷本俊介監督
――試合を振り返って
「首の皮一枚繋がったのが大きな印象で、そういう試合でした。当たり前のことですがやってはいけないミスがあったなと。底辺で取られた2失点、セットプレーでの守り方が良くなく、そこからの失点。当然ですがゴール前で軽率なプレーをしては、勝てる試合も落としてしまいます。幸先よく点が取れて追加点を取れれば良かったですが、実力が均衡した相手との試合で、アウェイでありながらも勝ち点1を取れたことは大きいです」

「一方で、スタートで使ったサテライトから昇格した花嶋が、リーグ戦でのファーストゴールを決められました。これからに向けて良いものもあった試合でしたし、次、この勝ち点1を無駄にしないようにしたいと思います。次はホームで試合ができるので、勝ち点3取れるようにしたいと思います」

 

 

★皆本「大事な経験にしていきたい」《浦安vs府中》

◆府中アスレティックFC
▽皆本晃選手
――試合を振り返って
「プラスの面とマイナスの面がはっきりした試合でした。失点は底辺で取られてはいけないですし、相手のセットプレーも素晴らしかったですが、警戒していたところ。ディドゥダに取られた場面は彼の特徴がわかっていながらやられています。2失点目の相手のブロックもよくある形で、狙いもよくあるところでしたし、あれぐらいは止めないといけません」

「あそこでやられるのではなく、その先に相手のバリエーションがあり進化があります。簡単なミスをやめないことには相手もリーグも成長しないです。また今日のように点数が入る試合は僕らの試合ではないです。ただ、こういう状況で引き分けられました。優勝を争うために、こういう試合や毎試合良い試合できるわけではないですが、勝ち点1を取れたのは良かったです。こういう試合ができたのは大事な経験にしていきたいと思います」

 

 

★高橋監督「選手には自信を持ってもらいたい」《浦安vs府中》

◆バルドラール浦安
▽高橋健介監督
――試合を振り返って
「内容的には向上してきた試合でした。自分たちがやりたいこと、目指している方向性の進化が見られました。試合の流れの中、要所、失点してはいけない時間帯、主導権握っていながらの失点によって試合を難しくしました。今回の負けのような感覚の引き分けを、どうやって自信に変えるか。今までやって来たことは間違っていないと選手が次の試合に迎えるかが大事です。内容は悲観するものではないと思っています」

――勝ちきるために必要なものは
「試合の流れの中で、キモを押さえる。今は、やりたいこと、目指すものを一生懸命やっています。ただ、その枠だけでなく試合の流れを読んで、ボールを離しても良い、相手に渡しても良いという割り切り、相手を読むことが必要です。これは試合を重ねなければいけないものです。選手に経験があっても、新しいユニットでチームとしての経験が大事です。今日の試合に関しては先週からさらに大きなステップとなった試合でした。選手には自信を持ってもらいたいと思います」

 

 

 ★永島「僕らの目標は府中に勝つことではない」《浦安vs府中》

◆バルドラール浦安
▽永島俊選手
――古巣との試合だったが
「正直に言ってどうでも良いのかなと。どうでもいいというか、僕らの目標は府中に勝つことではないです。一番上を目指している中で、府中のことだけを考えるのは無意味です。去年の王者である大阪や、カップ戦で大敗した名古屋の上に行くイメージを持つことが大事です。そこに対して日々取り組んでいます」

「練習でもポジティブに充実した日々を送れています。それは個人としてだけでなく、チームとしてもです。なので、一番に立つイメージの共有はできていますし、だからこそ今はチーム内での競争が激しいです。相手がどうとか考えている余裕はないですね。試合に出ることですらギリギリです」

「いろいろな人に古巣だとか言われますが、そこは正直に言われても困ります。古巣ですけどという部分に関しては特に何もないですね。僕がフットサルをやっている意義は、優勝したい、成長したいという思いです。府中出身で、府中でプレーしましたし、町田でもプレーしました。ただ、僕は日々上に行くためのことを考えています。今言えるのは、毎日厳しい練習があり競争があります。その競争もポジティブなものです」

「日々自分を向上させることに意味を感じています。リーグでプレーすることが目的ではないですし、だからこそ今は充実した日々を過ごしています。これはチームの全員がそういう思いだと思います。試合に出るためには、出ている人を引き摺り下ろすというイメージではなく、その人たちを越えていかなければいけません。それをこのチームはできています」

「まだ完璧ではなく、ただ、オーシャンカップから前節、今節と確実に良くなっています。今日も内容で言えば勝たなければいけない試合でした。結果は出ていませんが、そういうものを見せられていると思います」

「僕らの目標はあくまでもリーグの一番であり、それが大事なので古巣がどうだとかは気にしていません。府中に勝つためにトレーニングしているのではないので。リーグ優勝するためのイメージは共有できていて、監督もそれを示してくれています。ただ、スポーツでうまくいかないことは当然で、結果が出せていなくてもみんなが信じています」

――優勝を目指す中で、前節は勝ち点1をもぎ取ったイメージだったが、今節は内容が良くなりながらも勝ち点2を落としてしまった印象では
「僕らが理想としている形に近づいてはいますが、勝負の世界は最後のところで計算できません。僕らがやっているのは、一試合を通して勝つ可能性を高めること。ゲームを支配して、勝てる要素を増やしています。なので僕は悲観していません」

「開幕から僕らはリードする試合がありませんでしたが、今日はそれができました。内容を含めて勝てる要素が増えました。シーズンを通して積み重ねができれば、試合終盤に1点差でパワープレーをされるようなことがなくなるかもしれません。僕の中、チームのみんなも今日の引き分けを悲観していないです」

「シーズン通して積み重ねることが大事で、それが楽しいですね。ここで誰かが疑って、この戦い方はどうなんだろうと言い出せばチームは終わりです。確かに苦しい時期ですが、その中でもポジティブな要素を感じられています。もう少し時間かけて、その要素を増やしていきたいですね」

「個人的には、前節は、終わり方はああいう形でしたがネガティブな部分は多かったです。中にいる人たちはそう感じているでしょう」

――そもそも浦安が目指している“優勝とは”
「両方です。リーグ戦の中で優勝するとなるとシビアで、この時点で既に厳しい状況に追い込まれています。ただ、プレーオフの優勝がリーグチャンピオンです。そこは落とせません。最終的に一番上にいることが大事です。そこに一番の重きを置いて取り組みます。ただ、当然ですが全部獲りたいです。今日だって勝ちたかったです。その前の試合も」

――今シーズンから浦安に加入して馴染んできた実感は
「このチームは良い意味で馴染む必要がありません。それは僕が求めてきたことです。一人一人が高いレベルを求めているだけで十分です。大事なのは、自分が向上したいと思っている選手が集まっていること。それによってチームが強くなるというサイクルが大事です」

「僕もうまくなりたいので、監督の言うことは聞き逃したくないです。周りの選手と話すことも必要です。向上心がある選手が揃っているだけで十分で、馴れ合いではないですが、試合になれば勝つために必要なことを要求できる環境です。楽しい気持ちですね、ギリギリの競争も楽しいです。充実していますね」

――次節はカップ戦で大敗した名古屋だが
「そこに勝つためにチームで競争が始まります。どれだけ高いレベルで競争できるかだと思っています。そこに集中したいですね。名古屋のことを考えて何かをやろうとしていれば、下からの突き上げでまたメンバーに入れなくなってしまいます。名古屋のことを考えるのはミーティングの時間だけですね。まずは自分を高める、それをチームのために使ってチームのレベルを上げていきたいと思います」