引用元:Fリーグモバイル http://sp.f-lg.jp/news/list?page=0

 

★町田が大量9発で北海道撃破! ホーム開幕戦を白星で飾る《町田vs北海道》

▽24日に町田市立総合体育館でDUARIG Fリーグ2017/2018第3節のペスカドーラ町田vsエスポラーダ北海道が行われ、9-1で町田が勝利した。

▽前節のバルドラール浦安戦を終了間際の失点でドローに終わり、開幕連勝を飾ることができなかった町田と、ホーム開幕戦となったバサジィ大分戦を6-3で勝利し、今シーズン初白星を飾った北海道の一戦。試合はアウェイの北海道が前線からプレスをかけて、町田に攻撃の組み立てを許さない立ち上がりとなる。北海道は2分、敵陣で宮崎からボールを奪った鈴木がボックス手前からシュート。さらに3分、敵陣右サイドからの田辺のキックインを受けた鈴木がゴールに迫るが、2度のシュートをGKピレス・イゴールに阻まれる。

▽対する町田は6分に金山が立て続けにシュートを放ったが、枠を捉えることができない。それでも次第にボールを保持できるようになると6分、左サイドでボールを持った室田祐が森岡とのパス交換でボックス右手前まで運び、右足を振り抜いてゴール左隅へと突き刺した。

▽先制に成功した町田はその後も、森岡と室田祐のコンビネーションから北海道ゴールへと迫り、パスワークにも流動性が生まれ始める。すると10分、自陣ゴール前でパスを受けたGKピレス・イゴールが右足フィード。ゴール前に走り込んだ中井が頭で合わせて、ゴールネットを揺らした。

▽2点ビハインドとなった北海道は、右サイドの酒井のパスを受けた三浦憂がボックス手前から右足を振り抜くが、これは左ポストに嫌われてしまう。

▽前半の半ばが過ぎると、北海道はエース森岡に執拗なマークで対応する。しかし町田は13分、敵陣やや左でFKを獲得。これをキッカーの森岡が右足を振り抜くと、これはGK三浦拓に防がれるも、ゴール前の金山がプッシュした。

▽3点差のリードを許す北海道は15分に田辺、18分には神がボックス付近からシュートを放つが、GKピレス・イゴールの攻守に阻まれてしまい、点差を縮めることができない。

▽このピンチを守りきった町田は18分、ボックス手前でパスを受けた森岡がGK鶴岡の股を抜く冷静なシュートでゴールに流し込んだ。さらに、19分にも三浦憂からの浮き球を日根野谷が右足ボレーで叩き込み、町田が5-0でリードして試合を折り返した。

▽後半に入ると、前半だけで5得点を奪った町田が丁寧なビルドアップで北海道の隙を探る。25分、ハーフウェイライン付近やや右の中井がボックス左へ縦パスを供給。これを受けた西村がすかさずシュートを放つが、左サイドネットに嫌われてしまう。さらに27分、GKイゴールからのボールをボックス右外でうまく収めた森谷がGK鶴岡と一対一を迎えるも、決めきることができない。

▽ここまで町田に主導権を握られてしまい、なかなか思うように攻めることができない北海道は28分、森岡からボールを奪った酒井がボックス右手前まで侵攻。GK小野寺を引きつけて中央へ折り返したが、相手DFにクリアされてしまう。

▽その後も町田ペースで試合が進むと29分、GK小野寺のスローを敵陣中央で受けた中井がGK鶴岡と一対一。右足で冷静に股を抜くシュートでゴールに流し込んだ。

▽30分にも西村のリーグ戦初ゴールとなる追加点を奪った町田は35分、敵陣中央右でセカンドボールを拾った西村が右足を一閃。低い弾道のシュートがゴール左隅へと突き刺さった。

▽試合を8-0とされた北海道は、攻勢を強めたいものの町田の落ち着いた試合運びに苦しみ、ゴール前まで迫ることができない。37分には室田翔をゴレイロの位置に投入し、パワープレーを開始するがゴール前に侵攻できず、町田にパス回しで時間を消費されてしまう。すると町田は40分に自陣中央から中井がパワープレー返しでさらに1点を追加。試合終了間際には北海道の十川が一矢報いるも反撃はここまで。ホームの町田が9-1の圧勝で白星を飾った。

 

 

★岡山監督「前節を払拭するような試合ができて良かった」《町田vs北海道》

◆ペスカドーラ町田
▽岡山孝介監督
――試合を振り返って
「前節では、終了間際に追いつかれるという悪い終わり方をしてしまいました。それを払拭するような試合ができて良かったと思っています。中身に関しても、しっかりとパスをつないで攻撃する。警戒していたカウンターの部分もそこまで受ける機会もなく、思い通りの展開でゲームを進められたと思います。ただ、今日いくらたくさん点を取ったところで、来週は0-0からのスタート。また、気を引き締めてしっかりと準備していきたいと思います」

――リーグ戦初ゴールを決めた西村祐飛選手の評価は
「非常にバランスが取れた選手です。パス回しができ、ドリブルができ、ハードワークもできる。頭の回転も早いです。チームの潤滑油としてプレーしたり、後ろに入ってフィクソでもプレーできる選手でもあるので、非常に良い選手だと思っています」

 

 

★森岡「町田ファンの皆様にとっては良い週末になったのかな」《町田vs北海道》

◆ペスカドーラ町田
▽森岡薫選手
――試合を振り返って
「勝ったことは良かったです。観に来た人、特に町田ファンの皆様にとっては面白い試合だったのかなと思います。いろいろな場面が観れて、いろいろな選手のゴールが観れたと思うので、そういう意味では良い週末になったのかなと思います」

――開幕節での記者会見で「守備でも頑張らなくてはいけない」と言っている中で、開幕3試合連続ゴールを挙げているが
「まず守備からというのは第一条件としてやっています。僕が得意とする攻撃やシュートの姿勢は忘れていくことなくずっと意識していけると思います。たくさん点を取っている訳ではないですけど、チームの勝利に貢献できたらなと思っています。最初の1点目で自分が決めたり、点に繋がるプレーができれば、チームを勢いづけられます。そういう意味では、自分が決めることもそうですけど、今日のように誰でも決められるというのが理想です」

「今後もこういう試合ができればと思っていますけど、自分は攻撃の選手だから守らないというのはこのスポーツにはないです。ただ、そこに自分の得意、不得意の部分があるというだけであって、その不得意の部分を少しでも伸ばせるように今シーズンは頑張っていきたいと心がけています」

 

 

★西村「初ゴールは興奮しすぎて覚えてない」《町田vs北海道

◆ペスカドーラ町田
▽西村祐飛選手
――リーグ戦初ゴールとなったが
「1点目はこぼれ球を詰めてそれが初ゴールで、ドリブルからのやつが2点目でした。2点目は思い描いたような形で、1点目は奇跡でした(笑)」

――今シーズンはアスピランチから昇格して、ここまでの3試合でベンチ入りしているが
「実はトップに昇格にするのは3回目です。今年はまだ3節ですけど、一番出れてますし、プレーの部分でも一昨年よりは良くなってきているなと感じています。今日点が取れて、正直自信になったところはあります」

――初ゴールの味について
「興奮しすぎて覚えてないですね。ただ、最高に嬉しかったです。いろいろな思いが出てきました。トップチームに上がったり落ちたりというのを経験しての初ゴールだったので、特別な感情が湧いてきました」

――自身のストロングポイントは
「基本的には何でもやるというところです。ディフェンスもオフェンスも頑張るというところです。今年は得点に絡みたいです。今日のようなプレーができたらいいなと思っています。失礼な言い方かもしれませんが、得点差がついた時ではなく、ゲームを自分が決められるような存在になりたいです。まだまだ足りないところばかりなので、今日が始まりになれば良いなと思っています」

――今シーズンの具体的な目標は
「2桁得点はいきたいです。現実的にも自分の実力的に考えても2桁はいけたらなと思っています。もちろん取れるだけ取りたいです」

――主力定着へ他の人とどのように違いを出していくか
「得点を取って、ディフェンスもある程度ミスなくできれば使いたいと思ってもらえると思います。その中で岡山監督の意図を体現できたらなと思っています。一番は得点です。アスピランチから上がった選手は基本的に得点が足りないと思うので、そこで差をつけるのが一番だと思います。前に行くプレーを増やしたいです」

――アスピランチとトップチームでは戦術面でも結構違うか
「アスピランチでも岡山監督から戦術が降りてきている部分というのはあります。基本的には一緒ですが、トップチームでは(金山)友紀くんや(森岡)薫さんがいるセットでは3-1でピヴォを置いた戦術が多いです。アスピランチでは3-1のシステムが無かったですし、服部慎悟とかが入った時とかぐらいでした」

「薫さんのようにゴリゴリのピヴォがいないチームだったので、そこはいつもと違うところがあるなというのは感じます。ただ、基本的には岡山監督の求めること自体はアスピランチも変わらないので、トップチームに上がったからといって困ったことはあまりなかったです」

 

 

★小野寺監督「何ができて、何ができてなかったかのを冷静に見直したい」《町田vs北海道》

◆エスポラーダ北海道
▽小野寺隆彦監督
――試合を振り返って
「結論から。皆さんお分かりの通り、完敗してしまいました。前半でゲームが崩れてしまったこともあり、このような結果になってしまったというところは自分たちの反省でしかありません。ここで下を向いても仕方ありません。今シーズン2回目のアウェイ。アウェイではこういうことになるというところ、選手たちに事前に話をしていたのにも関わらず、結局崩れてしまったのが勿体無いと思います」

「悔しい思いでいっぱいですが、これが現実です。しっかりと受け止めながら、何ができて何ができてなかったかを冷静に見直したいです。次節はホームに戻ります。2節までは良いところまで来ていたのにアウェイで大崩れしてしまったので、しっかりと修正できるかどうか不安な面もあります。前を向いてしっかりと頑張っていきたいです」

――ホームとアウェイではメンタル面で違うか
「アウェイというのはシーズン序盤、なかなか勝てないというのが自分たちの印象です。チームを作ってきている中で、簡単に敵地でポンポンポンポン勝っていくということは今までないので、しっかりとしたハートで臨まないといけないです。特に今日は町田にとってホーム開幕戦ですから、並々ならぬ勢いでくるということをしっかり踏まえて戦わなくてはいけないということとと、2節までの勢いでいけるほど簡単ではないよという話はしていました」

 

 

★酒井「ここで下を向いている訳にはいかない」《町田vs北海道》

◆エスポラーダ北海道
▽酒井遼太郎選手
――試合を振り返って
「監督からもあったように完全に大敗してしまいました。ここで下を向いている訳にはいきません。僕がキャプテンとしてできることは何かを考えながらチームに落とし込んでいきたいです。負けた時には必ずこれにしかないと思いますけど、次の練習からチーム一丸となってホームでのすみだ戦に向けて練習していくしかないと思います」

――ホームとアウェイの違い
「ホームでは2000人以上のファンの方が来てくださって、僕たちへの後押しがある中で戦うのと、アウェイに乗り込む時の気持ちが一緒かといえば正直嘘になります。ただ、アウェイでは別の闘争心を持って戦わなくてはいけないことは事実です。今日はそれが足りないなと感じました」