★ついに歴史が動く!! 町田が完封勝利で名古屋の10連覇を阻み、大阪の待つFinal Roundへ!!《名古屋vs町田》

▽25日に墨田区総合体育館でSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017 プレーオフ2nd Roundの名古屋vs町田が行われ、3-0で町田が勝利した。

▽前日に行われたプレーオフ1st Roundで府中と引き分けるもレギュレーションの関係で勝ち上がった名古屋と、すみだとの東京ダービーに完勝した町田が、大阪の待つFinal Roundの出場権をかけて激突した。

▽試合は開始早々から名古屋が攻撃的な入りを見せると、1分にはシンビーニャ、セルジーニョが立て続けにシュートを放つが、最初はGKイゴールがセーブし、2本目は枠を外してしまった。一方の町田は、名古屋に押し込まれる時間を耐えると、徐々に流れを引き寄せる。2分には森岡の落としたボールを滝田がダイレクトで叩く。これで得たCKでは森岡が強烈なシュートを放ったがポストを叩いた。

▽名古屋も相手陣内でルーズになったボールを中村が回収すると、そのまま反転してシュートを狙うが、これはGKイゴールの守備範囲内に飛んでしまう。町田は8分に室田が左サイドから右に流れながらドリブルを開始。そこからラストパスを送り、最後は中井が合わせるが、枠を捉えきれない。

▽両チームともに球際で激しい戦いを見せる中、試合が動いたのは15分だった。相手陣内の左寄りでボールを受けた森岡が、右サイドに流れながらシュートチャンスをうかがう。名古屋も森岡の右足を警戒してコースを切っていたものの、右サイドまで一気に持ち込んだ森岡は、マーカーを振り切って右足を一閃。強烈なシュートが逆のサイドネットを揺らして町田が先制した。

▽これでゴールが必要となった名古屋は、前からのプレスを強めて町田を押し込む。20分には安藤のスルーパスからシンビーニャが狙っていくが、枠を捉えきれず、前半は町田が1点リードして終えた。

▽後半も追いかける名古屋がゴールを目指して圧力を強めていく。21分にシンビーニャがカウンターからシュートを放つも枠を外す。直後にはセルジーニョがドリブルを仕掛けてボックス内に侵入。金山に引っ張られながらもシュートを放つが、ボールはポストの外へと外れていった。

▽すると22分、町田はGKイゴールの矢のようなスローから、金山が頭で合わせる。一瞬飛び出しを躊躇したGK篠田の頭上を越えたボールはそのままネットを揺らして、町田がリードを広げた。

▽厳しい状況に立たされた名古屋は、26分に安藤がピヴォの位置でボールを受けて反転シュートもGKイゴールがセーブ。27分にはシンビーニャの落としから平田が狙うが、ここも決めきれないなどゴールが遠い。すると30分には名古屋が5つ目のファウルを犯すなど、絶体絶命のピンチを迎える。

▽それでも名古屋はハイプレスをかけ続けてゴールを目指すと、33分にはシンビーニャを起点に八木がボックス左からシュートを狙うが、このシュートもクロスバーを越えてしまう。すると33分からはGKに中村を入れたパワープレーを開始。その後は人を入れ替えながらパワープレーを続け、36分からはGKに安藤を投入する。

▽猛攻を見せる名古屋に対して、町田はGKイゴールを中心に体を張ったブロックで跳ね返し続ける。すると38分にはイゴールのパワープレー返しが決まって勝負あり。町田が王者名古屋の10連覇を阻み、大阪とのFinal Round進出を決めた。

 

 

★岡山監督「一年越しにこのチャンスが巡ってきて、良い試合をして勝てて嬉しく思う」《名古屋vs町田》

◆ペスカドーラ町田
▽岡山孝介監督
――試合を振り返って
「昨シーズンはレギュラーシーズンを2位で終えて、自分たちが名古屋への挑戦権を得ると思っていましたがそれが叶いませんでした。一年越しにこのチャンス巡ってきて、良い試合をして勝てたので嬉しく思っています。来週、すぐにもっと強い相手と戦います。次に向けてしっかり練習していきたいと思います」

――今シーズンの大阪をどう見ているか
「完成度の高いチームで、マークも剥がせないですし、決定力も高いチームです。今までにないぐらいの強敵だと思っています。ただ、両チームのフットサルのタイプは違います」

「大阪のやり方をリスペクトしていますし、どちらが良いという話ではないです。ただ、僕は流動的なフットサルが好きで、機能した時は、一番強いという思いを持っています。日本人のスタイルにあった戦い方だと思いますし、それを証明できればと強く思っています」

――名古屋の連覇を止めたが、今年の名古屋と対戦してみての印象は
「監督も変わり、多少調整している部分もあると思います。今までよりは少し落ちる部分はあったかもしれないです。ただ、勝負強さ、昨日の試合でもどっちに転んでおかしくない試合で決めました。そういう試合をたくさん見てきましたし、名古屋にしかない強さは変わらないです」

「ただ、去年の選手権の決勝でも名古屋に勝っています。町田は良い選手が揃っているので、集中して、戦術を理解して、高いテンション、良いコンディションで入れば勝てるということです。そこは自分のやらなければいけない要素が大きいですが、全て揃えばいままでも今年も勝てます。その自信は持って、常にやっています」

 

 

★金山「仲間を信じて戦うことができた」《名古屋vs町田》

◆ペスカドーラ町田
▽金山友紀選手
――試合を振り返って
「昨日も話しましたが、チームの雰囲気は昨日と同様に良くて、前半から誰も切らすことなく40分戦い続けられたのが勝因だと思っています。苦しい時間も仲間を信じて自分を信じて戦うことができたのが良かったと思います」

「とはいえ、来週は重要な試合が控えています。今日の試合は今日まで。来週の試合を見据えてそこに向かってしっかりと準備したいと思います。今日の試合に入っていないメンバーを含めて、練習からしっかり戦って、切磋琢磨して次の試合を良い状態で迎えられるように頑張ります」

――名古屋の連覇を止めたが、今年の名古屋と対戦してみての印象は
「名古屋の勝負強さ、若い選手も入り変わった部分もありましたが、AFCの戦いを見ても、強さはあるなと感じていました。リーグ戦も勝敗では、そういう部分は感じています」

「プレーオフで、勝率が悪い中でもしっかりとそれを戻していく。そこは自分たちが意識していたところで、去年はそれができませんでした。ただ、今年はこの舞台で、勝負どころ、勝負強さを知っているチームにプレーオフで勝ち切ることができたのは大きいです。名古屋の強さは今日も感じました。最後の1秒まで気を緩めることは一切できない相手でした。そこに対する印象は変わりません」

 

 

★ペドロコスタ監督「結果は言い訳ができないもの」《名古屋vs町田》

◆名古屋オーシャンズ
▽ペドロコスタ監督
――試合を振り返って
「まず選手に伝えたいこととして、彼らはよくやってくれました。10連覇がかかっている年に、いろいろなプレッシャーがある中、選手にはお疲れ様と伝えたいです。今日も0-3で負けている状況でも、最後まで気持ち出すのは難しい中でそれをやり遂げました」

「これは求めていた結果ではないですし、10連覇をどうしても達成したい気持ちがありました。ただ、目の前には、非常に安定していた町田がいて、この敗戦は、言い訳できないと思っています。スカウティングを見て何が悪かったか、そういう意味ではこの試合も今後の宝になると思います」

「結果に関して、シュートで相手を上回ってもポゼッションで上回っても0-3の敗戦は私の責任です。全日本選手権だけでも良い結果で終わりたいと思っています。結果にこだわった良いフットサルを追求してきましたが、皆さんが見たように、結果は0-3で言い訳はできません」

「ただ、良い方向には進んでいると感じています。若い選手、世代交代したチームで、この戦いを経験できました。この試合は先が見えた試合だったと思います。もっとシーズンを過ごしていくことで、若手が軸になれると感じました。少しずつでもチームを強くして、積極的に強くしていきたいと思います。切り替えて今後に向けていきたいです」

――放出したエースにゴールを決められ、得点を奪えずに今シーズンを終えたが率直な印象は
「得点不足は事実で、最後の試合では元のエースに得点を許しました。悔しい思いでいっぱいです。その中で、私も今シーズンから監督を務めましたが、就任するときにはエースも名古屋から出る段階でした。それがわかった上でチームの監督を始めています」

「これまでチームの半分ほどゴールを取っていた選手がいなくなるのは、壁になると感じていました。それを乗り越えなければいけないなと。チームも若返り、必要とするのは一人一人がそれを補うことでしたが、全員でカバーできなかったのが得点不足の要因です」

「ただ、全く効果がなかったシーズンではないです。やっている方向性は十分感じられました。間違っていないと思います。こういう負けを肌で感じて、選手もこの舞台だからこそ経験できたことが一杯あります」

「我々にはプライドもあり、今は一歩下がってしまったと感じるかもしれません。しかし私は逆に進めたと感じています。結果は残せていないですが、負けたことで成長できることもあります。そこが得点不足の解消にもつながるでしょう」

「誰もが今のままではダメだと感じ、チーム全体を上げなければいけないと感じたシーズンでした。イメージとして、良くはないですが、良い方向に進んでいます。世代交代して、次の世代が軸になると感じています。結果は出なかったですが、これをやり続けることが大事です。私も今回の結果だけで選手たちを見るのではなく、これまでの成長を考えて我慢は必要だと思っています」

 

 

★星「下を向かずに次のシーズンや選手権につなげることが大事」《名古屋vs町田》

◆名古屋オーシャンズ
▽星龍太選手
――試合を振り返って
「僕たちオーシャンズは結果が全てで、今日の試合に関して、トーナメントの試合では勝った方が強い。今日の試合に言い訳はないです。ただ、プレーヤーとして、この1年で作り上げたディフェンスのシステム、セットプレーなど方向性は間違っていないと感じています。これをやめずに選手権や次のシーズンにつなげる大事です」

「下を向かずに、選手権や次のシーズンに向けて動くことが大事だと思っています。当然、悔しさで泣いたり、思い返したりするのも良いですが、明日からは切り替えて進むことが大事です」

 

 

引用元:Fリーグモバイル http://sp.f-lg.jp/news/list?page=0