★頼れるエースが3戦連続の決勝弾!! 星翔太の決勝ゴールで浦安が府中を追走!!《町田vs浦安》

▽22日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第29節の町田vs浦安が町田市立総合体育館で行われ、2-1で浦安が勝利した。

▽すみだ・町田共同開催の第2試合は、この試合で勝利すれば自力でのプレーオフ出場が決定する町田と、プレーオフ圏内の5位・府中を追いかける6位・浦安の関東ダービーとなった。

▽町田ボールで始まった試合は、キックオフ直後に中井がドリブルを仕掛けてシュートまで持ち込むなど、町田が積極的に仕掛ける。浦安も5分にGK藤原スローからゴール前に走り込んだチュスがヒールで合わせるなどゴールに迫った。

▽7分には浦安のバックパスから町田が間接FKを獲得。このチャンスに篠崎、森岡がシュートを浴びせるが、決めきることはできない。さらに町田は8分に滝田、原とつないで、シュートパスを中井が押し込みにかかるが決めきれず。逆に浦安がカウンターを仕掛けた場面で、町田がファウルを犯して早くも5ファウルをとなった。

▽すると10分、裏に出されたボールに対してGKイゴールが飛び出して処理。この際に加藤と接触すると、町田のファウルとなり浦安が第2PKを獲得。しかし小野のシュートをイゴールが止めると、11分には森岡が単独でボールを運んで右足での強烈なシュートがゴールネットを揺らして町田が先制する。

▽追いかける浦安は18分に右サイドでチュスがボールを奪ってカウンターで持ち上がるが、ここはGKイゴールがセーブし、前半は町田がリードして終えた。

▽迎えた後半、23分に町田は森谷が右サイドの高い位置でボールを奪ってシュートを狙うが、ポストを叩いてしまう。一方の浦安は25分に町田の攻撃を凌いでカウンターで持ち上がると、抜け出した星がGKイゴールとの一対一を冷静に沈めて逆転に成功した。

▽追いかける展開となった町田は29分に室田が左サイドからカットインしてシュートもGK藤原がブロック。31分には浦安が星と野村のパス交換で崩すと、星が右サイドからシュートを狙うが、ここは戻った金山がブロックした。

▽町田は37分にGKイゴールを使ったパワープレーから、今度は篠崎に変えてパワープレーを継続。しかし38分に藤原のパワープレー返しが決まって勝負あり。勝利した浦安が府中との勝ち点差3をキープ。一方の町田はプレーオフ出場決定は次節へと持ち越された。


 

★米川監督「すべて受け入れて戦うことが本当の強さ」《町田vs浦安》

◆バルドラール浦安
▽米川正夫監督
――試合を振り返って
「僕らは勝ち点3を毎試合取るしかない状況で、今日の試合でそれを取れたのは非常に大きいですし嬉しく思います。町田は特徴として4枚のまわしがスムーズで、それに対して特徴を消すために最初のセットはハーフで入りました。もう1つのセットは相手にボールを持たせたくなかったので前からプレスに行きました」

「最初に失点してプラン変えましたが、内容としてはどちらに転んでもおかしくないゲームだったと思っています。ハーフタイムにその話はしていて、セットプレーやカウンターなど1つのミスが勝敗を分けると伝えました。町田との試合の印象は常にそうです」

「相手は良いGKがいて、点が取れる森岡選手も入り、彼らのやりたい手堅く点を取って勝つゲームをしています。自分たちはその良さを消して、少ないチャンスものにする。結果が出てよかったです。次節まで時間がないので休養をとって次の試合に臨みたいと思います」

――府中が先に勝利した状況での試合ということで、プレッシャーがあったと思うがチームの雰囲気は
「試合前の最後のトレーニングでもその話はしました。僕の考え方ですが、うちの選手は代表を経験している選手も多く、人間的に成熟しています。なので、逆に選手たちにはその話をしました。相手は勝っているので、僕らも勝つしかないと。全て受け入れて戦うことが本当の強さだと思っています。良いか悪いかわからないですが、しっかり勝ち点3を取れたことがよかったです」

 

★岡山監督「ちょっとした差で勝敗を分けた」《町田vs浦安》

◆ペスカドーラ町田
▽岡山孝介監督
――試合を振り返って
「そんなに悪い試合だったとは思っていませんが、両チームとも攻めあぐねましたし、ミスが多い試合でした。あまり、良い試合をできなかったので残念に思っています。要所でのチャンスを決められて、逆にうちは決めきれず。ちょっとした差で勝負を分けたと思っています。前節は比較的良い攻撃できましたが、今節はあまり良くなかったです。どんなチームが相手でも、もっとチャンスが作れる攻撃をできるように練習から組み立てていきたいと思います」

――前半に5ファウルが早くたまってしまった要因は
「ファウルがたまったこと自体は、気持ちが先走ったと言うか、気持ちを出しすぎたと言うか。ファウルしないようにプレッシングしなければいけないので、そこは修正点だと思います。立ち上がりは危ない場面がありつつもそれなりに攻められました。ただ、そこでペースをつかめず受け身にならざるをえなかったのが難しい試合になった要因の1つです」

――浦安に星選手が戻ってきてがここまでの戦いと違う印象を受けたか
「やはり代えのきかない選手です。前で起点になれるし、球際も強い、自分で裏に行ったりパスを出したり。そういう違いを見せられる特徴がたくさんある選手です。彼がいた方が浦安は怖さを持っていると思います」

Fリーグモバイル  http://sp.f-lg.jp/news/list?page=0