★北海道の猛攻受けた大阪、首位の底力を見せつけて連勝!《北海道vs大阪》

▽15日に行われたSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第28節の北海道vs大阪は、5-6で大阪が勝利した。

▽2017年初戦を落とした北海道、迎え撃つは首位を守り連勝中の大阪。大阪のキックオフで始まった試合で北海道は、高山、室田、本田、宮原、GK三浦を送り出す。対する大分の先発はGK柿原、アルトゥール、ヴィニシウス、小曽戸、加藤となった。

▽均衡を破ったのは北海道。4分、攻撃の手を緩める事なく攻め続けた北海道は、アルーサの時代から一緒の名コンビである鈴木と水上の息の合ったプレーで先制点を挙げた。

▽しかし、6分には大阪に決定機。攻撃チャンスが続くと、折り返したパスを仁井がファーで詰め、1-1の振り出しに戻した。

▽8分に北海道が高校生の三浦憂を投入。9分には酒井からのパスを受けた室田がゴールネットを揺らし1-2と再び引き離す。しかし、12分にはアルトゥールのFKから加藤がゴールを背に角度を変えて、大阪が2-2と再びゲームを振り出しに戻す。

▽19分、大阪がタイムアウトを取った直後に北海道のFK。鈴木が渾身の力でシュートを放つが、大阪の強固なディフェンスに当たり跳ね返り、2-2のまま勝負は後半へと突入した。

▽2426名の観客が見守る中迎えた後半。大阪の反撃が始まる。得点が動いたのは23分、アルトゥールがトラップ即座に浮かせて技ありゴールで2-3と再び引き離す。

▽その後も25分に小曽戸が追加点を挙げて、大阪が2-4でリード。さらに、反撃の手を緩めない大阪は32分に小曽戸の一発で2-5と北海道を引き離した。

▽ビハインドの北海道は反撃を開始すると、34分に山本がFリーグ初ゴールを決めて3-5。さらに、37分には北のエースこと水上がネットを揺らして1点差に詰め寄る。

▽続く38分にも水上が躍動。ゴール上に突き刺し、北海道が3度目の振り出しに戻す。しかし、直後の39分にはヴィニシウスが北海道のディフェンスの間を射抜き、大阪が5-6で勝ち越し。首位の底力を見せつけた大阪が連勝を守った。

 

★木暮監督「中身だけではなくてサポーターだったり本当に素晴らしいチームだと実感」《北海道vs大阪》

◆シュライカー大阪
▽木暮賢一郎監督
――試合を振り返って
「アウェイという雰囲気を感じる素晴らしいサポーターやお客さん達の後押しという物を凄く自分達にはやりづらいアウェーを感じるゲームだったと思います。最後数分間は苦しみましたし(北海道は)中身だけではなくてサポーターだったり本当に素晴らしいチームだと実感しながら非常に学ぶ事の多いゲームになりました。しかし最低限、勝点3を取れた事は良かったなと思います」

――残り5試合どんな形にしたいか
「就任当初から選手に伝えて来た歴史を変えるという事に凄く凄く近づいている事は間違いないと思います。険しい道を皆んなで力を合わせて進んで来ているので、もう一度全員で力を合わせて目の前の相手もそうですしプレッシャーに打ち勝って目標を達成できるように、今日のような勝って学べるという所をしっかりと学んで次のゲームもしっかり勝って行きたいと思います」

 

★小曽戸「あの雰囲気で試合をできたのは良かった」《北海道vs大阪》

◆シュライカー大阪
▽小曽戸允哉選手
――試合を振り返って
「先制されたり最後追い付かれたり本当に苦しい試合だったのですが何とか勝点3を取れて良かったなと思います。沢山のお客さんが入って、これだけの声援がある中でするのは自分達からしたらプレッシャーですし同点に追い付かれた時の歓声は敵ながら凄いなと思ったのでアウェーですけど、あの雰囲気で試合を出来たのは良かったなと思いますし、凄い力になるんだろうなと思いました。北海道の選手のプレッシャーの速さだったりミスが続いてしまったので、そこが失点の原因の一つだと思いますし最後まで諦めないという北海道の姿勢が同点ゴールまで持って行かれているので自分達としては、そういう所をもっとしっかりと引き締めて失点しないようにしないといけないなと思います」

――勝因は
「加藤が良い形で突破してくれたので自分達の形が出せたのかなと思います。失点に慌てないで最後までやるべき事を出来たのが繋がったと思います。」

――2得点のゴールシーンについて
「1点目は田村のパスを最後ゴール前に押し込んだのと、2点目はカウンターのような形で押し込んだ2点とも同じような形でしたが最後の所で触って決められるのが今シーズン多い流れなので上手く出せて良かったと思います」

――残り5試合どのように戦っていきたいか
「目の前の1試合1試合に準備をして試合を自分達の戦いをする事が大事だと思います」

――今後の目標について
「リーグ優勝です。試合でどのように結果を出為にどういう練習をひているのかが自分達としては大事だと思っていて練習を含めてメンバーに入っていない選手を含めて練習の質は高いと自分達は思っているので、それが結果に繋がっていると思います。ディフェンスやオフェンスどっちかではなく全体的な完成度の高さが第一だと思いますので6点取っても5失点しているようでは難しい試合が続いてしまうと思うので失点も減らさないといけないなと思います。リーグで優勝してもプレーオフで勝てなかったら意味が無くなってしまうと思うのでリーグ1位で終われるように1試合1試合戦っていくのと勝ち取った時にはプレーオフで勝ち切るという事が大切になるので1試合1試合戦っていきたいなと思います」

 

★小野寺監督「最後まで諦めないプレーを見せてくれた」《北海道vs大阪》

◆エスポラーダ北海道
▽小野寺隆彦監督
――試合を振り返って
「今日は2400人という皆様に集まって頂いた中で最後まで諦めないプレーを見せてくれたのかなと思います。残り一歩強さがあればひょっとするとパワープレーを続けていると勝ちという事があったのかもしれませんが、5対5に追いついたのに失点したのは勿体無いと思いましたし、見ているお客さんに残念な思いをさせてしまったなという思いです。5対2から追い上げたのは頑張りだけは選手達の素晴らしい頑張りだと思うので、こういった所を自信に変えながら残り数試合になりますけれども勝点3を目指して1試合1試合頑張って行きたいと思います。」

――点を追い付けたきっかけについて
「前からミーティングで相手に先行される事を予想していましたし、後半のパワープレーをして追いつけるというストーリーを描いていました。皆んがそのイメージを持って試合を戦った事によって失点を重ねてしまいましたが、追いつけるという気持ちだけはあったのかなと思います。結果として繋がったと思いますしカウンターやミスも付けたの事が要因だと思いますし、相手のミスをチャンスに変えていけるようなゲーム展開もゲームの中でしていければ流れは変わるのかなと思います。」

――三浦(憂)を起用した事について
「ディフェンスが出来るという点でセットを組めたのでメンバーに入れたのですが、セットプレーの所で失点に絡んでしまったのは本人も悔しさが残ると思いますが、守れるという事は大事ですのでテスト期間ではありますが期待できるのではないかと思っています」

 

★水上「みんなで次のステージに向かって行ける」《北海道vs大阪》

◆エスポラーダ北海道
▽水上玄太選手
――試合を振り返って
「連勝も続けているのでホームですし絶対に土を付けてやろうという気持ちで臨んだのですが最後勝ち越されて悔しかったです。勝機になるのがロースコアや点差を付けずに食らいついていく、走り勝って勝敗を消して行く戦い方だと思います。勿体無い失点でしたが2対2で折り返せたのは想定の範囲内で進めて行けて良かったと思います。後半の立ち上がりがキーとなりました。後半残り3分でホームの力を借りて追いついたのですがもう一つ勝ち越せたり食らいついていかなければいけなかったのですが警戒していた所でやられてしまったと思います。相手の高い位置からパスカットしてキーパーとの一対一だったのですが、気持ちとして入れたゴールだと思います。2点目はゴールも近かったし振り抜こうとトラップの時から決めていたので角度もあまりなかったのでキーパーの高めの位置に押し込もうとしたら上手い具合に入っていってくれました。同点の時に2択あったが、そこは我慢して進まなければいけなかった所かと思います」

――同点に持って行けた要因について
「ホームである事が一番関係していたのかと思っています。じわじわ追い上げて行った時にサポーターの会場の声援が力になって僕らは足を動かせたというか、それが嫌で大阪は足が止まってしまったので北海道としては狙いやすい展開になっていました」

――残りの試合について
「『大阪とこれだけできたよ』という満足をしてはいけないと思います。結果は負けているので、プレーオフに関わらず1試合1試合大事に戦って行ければ応援している人達に申し訳ないし若いチームでもあるのでどの試合でも一生懸命、自分達のフットサルが一歩一歩進んで行けるようにしていかなければいけないと思います。プレーオフを目指す事は変わっていないですし、練習からベテランも若手も中堅も切磋琢磨しているので選手権も残っていますのでしっかりタイトルを見据えて、みんなで次のステージに向かって行けるのではないかなと思っています」



 

Fリーグモバイル http://sp.f-lg.jp/news/list

 

 
今節を終えての順位表。
5位府中が浜松に敗戦。プレーオフ出場最後の5枠目は府中を浦安、神戸が3ポイント差で追う三つ巴の争いとなった。