★森岡恩返し弾&GKイゴール復帰 上位対決は痛み分け《町田vs名古屋》

▽11日に町田市立総合体育館で行われたSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第24節の町田vs名古屋は、2-2のドローに終わった。

▽直近5試合で4勝1敗の4位につける町田と、2勝1分け2敗でやや調子を落としている2位の名古屋が激突した。試合の行方次第で今後の上位勢の戦局に影響を及ぼし得る一戦は、インテンシティの高い展開で立ち上がる。

▽開始3分に中井のミスを突いた八木のシュートに肝を冷やした町田だったが、9分に先制。森岡が右サイドで相手数人に囲まれながらもドリブルで縦に持ち上がり、角度の厳しいところから右足のシュートを突き刺した。

▽森岡の恩返し弾で先制した町田。しかし、15分に安藤のシュートが右ポストを叩いた名古屋は16分、セルジーニョの右CKが正面の日根野谷の身体に当たり、そのままゴールマウスに吸い込まれた。

▽1-1で折り返した試合は、前半よりも攻守の入れ替わりが激化。24分にシンビーニャのシュートがゴールライン際で原にクリアされた名古屋だったが、28分に勝ち越す。セルジーニョのスルーパスを正面の安藤がプッシュした。

▽逆転を許した町田は30分、負傷明けのGKイゴールを投入。36分にはそのGKイゴールのファインセーブでピンチを凌ぐと、1分後に篠崎をパワープレー要員としてピッチに送り込む。

▽その町田は38分、滝田、森岡とつなぎ、右サイドの横江がスルーパス。これにファーサイドで反応した本田真琉虎洲が冷静に押し込み、スコアをタイに戻した。

▽追いつかれた名古屋は安藤をパワープレー要員として攻め込むが、そのまま試合終了。2位と4位の上位対決は痛み分けに終わっている。


 

http://sp.f-lg.jp/news/list?page=0

 

第24節を終えての順位表。
首位大阪‐5位府中、2位名古屋‐4位町田の上位対決はいずれも引き分け。
クラブ史上初の優勝を目指す大阪にとっては、連勝は16で止まったものの納得の結果となった。